腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

水月真兎「冷たい砂の虜囚」

| 4 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 水月真兎「冷たい砂の虜囚」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
水月真兎「冷たい砂の虜囚」腐女子のオタク感想文+

リーフノベルズ水月真兎さんの「冷たい砂の虜囚icon」です。イラストはDUO BRAND.さんです。
iconicon
【 あらすじ 】
三田村佳威は「氷の牙」の異名を持つSATの元エリート隊員。あるテロ事件で上層部に裏切られ、大勢の仲間を失った彼は仕事も辞め、絶望の闇の中を漂うような生活を送っていた。
そんな佳威を捜し続けていた男―5年前英国で実戦訓練を受けている時に出逢った中東某国の王族にして倣岸な美丈夫、シン・ビン・サイード。
訓練中、彼の額に傷をつけた佳威を恨んでいるはずのシンだが、要人警護を依頼する真意は?
遙かなる砂の王国を舞台に、熱く危険なラブロマンスが今、幕を開ける。
■リーフおまけ本小冊子付「THE BACKSTAGE INFORMATION
■水月真兎「冷たい砂の虜囚」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス セブンアンドワイicon


【 感想 】
アラブものなのですが、通常のアラブものとはちょっと違っていてよかったです。
…なんと注目すべきところは、王子がオヤジ!!
王子に髭が…!!!!!
しかも、受けは元SATですが、実際はホームレスだったし。
王子は35歳…。
王様じゃないから、王子なんですが年齢が……ねえ(^^;)
既に王子という年齢を超えてますので…砂漠風に言うとシークになりますね。
そうだよ、王子っていうから変なんであって、シークって言えば変じゃないですよね。
受けはちなみに27歳と大分アダルトな年齢設定で、ちょっと未成年設定が苦手な私にはいいかんじでした。
何だかすごい組み合わせのお話です(*^_^*)
元SATに所属していた佳威は、とあるテロ事件で上層部に裏切られたくさんの仲間を失った。それがきっかけで仕事を辞めて、希望も何もないまま世捨て人……ホームレスになっていた。
ホームレス生活をしているときに、見知らぬ男に尋ねてこられる。
住所不定の生活をしているのに訪ねてこられる男を使いに出している人はどんな人だろうと思っていたが、絶望の只中にいる佳威には関係のないことだった。
行くつもりはなかったが、薬を盛られてしまい、気付いたら豪華な建物の中で回りは砂漠の中だった。
攫った張本人は、昔SASの訓練中に額に傷を負わせたアラブのシーク・シンだった。
自分を恨みこそすれ、連れてこられた理由がわからない佳威だったが、何故連れて来られたのか、頭には疑問だらけだった。
自分を恋人としても要人警護をする仕事でも口説いて来るシンだが、生活にはテロの危険がつきまとう。
いつしかシンを大事に思っていることに佳威は気づいて……というお話です。
とりあえず、オヤジラブ!ってことで、満足しました(*´∇`*)
髭があったのに、髭がなくなるシーンがあるのですが、結構好きなシーンです(笑)
従来のアラブものとはちょっと違い、確かに攫われたとかはありますが、元SATで要人警護が主な仕事となる受けの設定のおかげで、通常だとハーレムに入れるとかそういうありきたりなパターンになりそうでしたが、結構アクションのある展開になって面白かったと思います。
また、昔額に傷をつけられてから、シンは佳威にずっとアプローチしていたようですが、色恋沙汰が不得意な佳威にはまったく伝わらず……といったかんじだったようで、個人的には攻めが傲慢なくせに一生懸命というパターンが好きなので、ご満悦でした。
個人的には面白いと思うのですが……何か、今回はちょっと自分的あらすじがまとめにくかった。
どうも普通の話みたいな感想になってしまいましたが、話の展開の中にある萌え!がうまく伝えらないな?。
あまりうまく書けなかったな?。残念?orz
面白かった度:★★★★★

冷たい砂の虜囚
水月 真兎 DUO BRAND.
リーフ出版 (2004/12/22)
売り上げランキング: 35,617

水月真兎さん関連商品>>

DUO BRAND.さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 水月真兎「冷たい砂は薔薇を抱く」
  2. 水月真兎「冷たい砂を濡らす夜」
  3. 水月真兎「夜を抱きしめて」
  4. 水月真兎「黄金の王子は闇に惑う」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

4 Comments

  1. リリカさん、こんにちわ。
    >私、「コメント確認」だけで帰ってしまったみたいです…
    いえいえ。
    私もよくやってしまうことなのですよ。
    本当にわかりにくいなと思います。
    何とかわかりやすくしたいのですが、まだどこをいじると変更できるのかがわかってないので、時期を見て修正していきますね!!

  2. ごめんなさい、さくらさん。
    私、「コメント確認」だけで帰ってしまったみたいです…
    すみません、私の不注意なのに。
    今度は気をつけます♪

  3. リリカさん、こんばんわ。
    >今朝、ここにコメントしたんですけど
    な、なんですと!!
    それは、うちのブログが大変失礼をしまして…。
    一体理由が何なのかはわかりませんが、コメント欄の【確認】と【投稿】ボタンがわかりにくいようで、そこで間違えてしまうこともあるようです。
    【確認】だけだと投稿されないので、【投稿】をクリックし忘れて、書き直しになったということも、自分でやっているので、実は何とかならないかな~と思ってました。
    この本は、私的には面白かったんですが、どうもうまく感想が書けずに残念といったところですorz
    とりあえず、オヤジ好きにはたまらないかもしれませんね。
    カットでも髭面のアラブ衣装ばっかり出てくるシーンもありますからね(笑)。
    とりあえず、お読みになる機会があれば、ぜひ感想をお聞かせくださいませ★

  4. こんにちは、「小夜」のリリカです。
    今朝、ここにコメントしたんですけど、今お邪魔したらアップされてなくて愕然としました…
    では、気を取り直して。
    この本、ちょっと気になってたんです。
    ひと味違うアラブもの、ということなので、さっそく買ってみたいと思います。
    読んだらトラバさせてくださいね。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*