腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

妃川螢「愛され方と愛し方」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 妃川螢「愛され方と愛し方」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
妃川螢「愛され方と愛し方」腐女子のオタク感想文+

リーフノベルズ妃川螢さんの「愛され方と愛し方icon」です。イラストは実相寺紫子さんです。
iconicon
【 あらすじ 】
『怒った顔も綺麗だな』
「俺、理事長なんだけど──先生?」
理事長室で遭遇したのは、美術教師の蓬沢一瑳が思わず圧倒されるほどの存在感を持つワイルドな男。気障なセリフと不敵な笑みで、強引に一瑳の唇を奪ったその男は、津嘉山誠之──就任したばかりの新理事長だった! ありえない事態に、思わず誠之を殴ってしまった一瑳。さらに、その後も隙あらば迫ってくる誠之のお陰で、心休まる暇もない。相手が理事長だということも忘れ、必死に抵抗する一瑳だが、不意を突かれてのキスは溺れそうになるほど甘くて…?
■妃川螢「愛され方と愛し方」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス セブンアンドワイicon


【 感想 】
理事長×美術教師です。
勤務初日に理事長室に挨拶に行くと、知らないワイルドな男がいて、突然口説きだし、そして押し倒されてしまう。
始めに面接をしたのは、その男の父の前理事長で、倒れたために息子の誠之が理事に就任したというが、服装はスーツでもないし、ありえない自体に現在の理事長・誠之を殴ってしまう。
更には隙あれば美術教師を狙ってくる…というお話です。
履歴書の写真で目をつけてキスしたりとか、そういうのはBLに常識を求めてはいけないので、まあ萌えかどうかで話をすると、私的には普通?ワイルド系で理事長をやる気がなく、できれば高校生の弟に家の仕事を押し付けたいと思っている誠之は、狙っている美術教師に「お前と正反対のやつが好きだ」と言われて、ワイルド系からヤンエグ系にがらっと変わるのですが、そのあたりは私は好きですね。
あまり詳しくないのですが、どうやらたくさんこのお話はリンクする作品があるようです。
知らなくても大丈夫みたいですが、とりあえず私は2?3作品くらいは読んだことがあるみたいでした。
面白かった度:★★★☆☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 恒例のものがやってきた

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*