腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

水月真兎「夜を抱きしめて」

| 3 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 水月真兎「夜を抱きしめて」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
水月真兎「夜を抱きしめて」腐女子のオタク感想文+

オークラ出版アクアノベルズ水月真兎さんの「夜を抱きしめてicon」です。イラストはヒメギミカさんです。
iconicon【 あらすじ 】
十五の時にヤクザに拉致され、力づくで体を開かれて以来11年間、組長の情夫として生きてきた根室。だが、頬に傷もつバーテンダー・堂島と出会ったことからその運命は一転。愛を知らない根室に、堂島はひたすら“愛すること”を教える。次第に堂島に対し、素直に愛を示し始めてきた根室。しかし、根室は組の幹部からもその躰をつけ狙われ始め―。暴力的なまでに優しくエロチックなラブストーリー。オール書き下ろし。
■水月真兎「夜を抱きしめて」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス セブンアンドワイicon


【 感想 】
バーテンダー×ヤクザの情夫です。
購入の理由は、イラストのヒメギミカさんですが、ネット小説サイトをやっているのを知っていたので、ちょっとびっくりして購入してみました。
イラストで商業をやっているのは知っていたんですが、実際に見るのは初めてだったので、とりあえず興味があって購入してみました。
一応あらすじを読んでみて、超ヤクザものなのかと思ったんですが、それほどでもありませんでした。
(私的価値観で)
ヤクザっぽいハードさがあるといいなーと思いました。
(エロじゃくて、物語がです)
十五歳のときにヤクザに拉致&輪姦され、その模様をビデオに撮られて弱みを握られた根室は、父親が議員であったために、事件が露呈するのを恐れて、裏で何かのとりひきがされたんだろうが、ヤクザに引き取られ、名前も変えられてヤクザの情夫として生きてきた。
頬に傷もつバーテンダー・堂島に出会ってひかれてから、バーに通う根室だったが、ヤクザの情夫である以上監視されているので、好きにできる時間はそれほどない。
ヤクザに連れ戻され、身体で仕事を取ってくるように言われていた。
薬を盛られたまま堂島と会い、念願叶って抱いて貰うが、まだヤクザの抗争に巻き込まれたままだった……というお話です。
こういう設定の受けのBLにあうたびに「こんな男いないから…」とか思ってしまうあたり、BLを読むのが失格な気がします(笑)。
26歳でそんな綺麗で色っぽい男ってそういない気がするんですが…どうなんだ?
とりあえず、年齢設定をもうちょっと下げたほうがよかったんでは…とか思いました。
とか言いつつ、年齢下げすぎると微妙だし、一体どうすれば…(私が悩んでもしょうがないんですが…)
か弱く見える根室ですが、結構過激な面もあり、そういうところはヤクザなのかなと思ったりします。
最後には、後日談で幸せになった二人のお話があります。
面白かった度:★★★☆☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 水月真兎「冷たい砂の虜囚」
  2. 水月真兎「黄金の王子は闇に惑う」
  3. 水月真兎「冷たい砂は薔薇を抱く」
  4. 水月真兎「冷たい砂を濡らす夜」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

3 Comments

  1. 再び管理人です★
    >橘紅緒の名前で発売されてますよ
    なんか、頭の片隅にひっかかっている名前だったので、検索してみたら「橘紅緒」さんの本、持ってました!
    偶然買ったものでした。
    そしてまだ未読で家に補間されてました。
    そうかー。
    この方の本がヒメギミカさんだったんですね!
    本当にありがとうございます!

  2. eikoさん、こんにちは!
    はじめまして(*^_^*)
    >このイラストを描かれていたヒメギミカさんが小説でもデビューしました。
    知りませんでした!
    この方のは、同人誌とかも集めていましたので、情報とても嬉しいです!!
    今度ゲットしてみます♪
    ありがとうございました★

  3. ご存知かもしれませんが、このイラストを描かれていたヒメギミカさんが小説でもデビューしました。Shynovel’sから橘紅緒の名前で発売されてますよ。ネットで連載していて未完だったものでした。気になったら是非読んでみてください。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*