腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

やまざき貴子「ZERO」1~9巻

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - やまざき貴子「ZERO」1~9巻
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
やまざき貴子「ZERO」1~9巻腐女子のオタク感想文+

白泉社花とゆめコミックスやまざき貴子さんの「ZERO1?9巻です。
【 あらすじ 】
西暦2000年夏、中国の実験用核爆弾が房総半島沖で爆発、壊滅状態になった日本。米軍の手によってシェルター「ZOO」が建設され、生き残った日本人が収容・管理されている。
 ZOOで育った少年・ゲオは、仲間達と“Zero”という薬にハマっていた。これを飲んだ者は共通して、核事故が起こる以前の夢を各々が「それぞれの役柄」で見ることになる。
 だが突然、仲間のカイエが何者かに殺され、嫌疑をかけられたゲオは、もう1人の容疑者・バツ、仲間のアギ・ザットと共に、ZOOの外のスラムへと脱出する。
 ZOOの最高権力者・伐元帥の孫であるバツは、地下にある巨大コンピュータ・ZIPANGUを動かす要となる「クリスタル・チップ」を父の形見として持っていた。それを狙う伐元帥は執拗にゲオとバツを追い、遂にバツは捕らわれてしまった!
 一方、“Zero”の夢の世界では、不気味なコンピュータ・ゲーム「プロジェクト・ZIPANGU」が流行り始めた。参加者に神々の称号「12天」が与えられるそのゲームは、実は超巨大コンピュータで世界を支配するためのプログラムらしい…!?
■やまざき貴子「ZERO」1?9巻詳細[↓]
bk1 アマゾン
■「ZERO」1巻詳細[↓]
西暦2000年、核爆発で壊滅状態の日本。ドラッグ“ZERO”を売りさばくゲオは、殺人事件に巻き込まれて!? 超迫力のSFドラマ!! 
bk1 アマゾン 楽天ブックス
オンライン書店ビーケーワン:Zero 9■最新巻 「ZERO」9巻詳細[↓]
スカイホーク達とZOO?Yに滞在し、戦で負った傷を癒すことになったゲオ。
しかし、戦闘前に姿を消したバツは戻ってこない…。
一方、ZOO?Yに戻ったアギはハルカとの接触を試みる。そしてZero症候群から目覚めたコカは…!?
※2005年8月発売
bk1 アマゾン 楽天ブックス


【 感想 】
今回のあらすじは、白泉社のページから頂戴してきました。
途中の巻までの紹介文入りなので、こっちのほうがわかりやすいかなと。
話は、近未来SFもの?で、過去と未来、現在が交錯する転生ものです。
核により一度は死んだ人たちが、コンピュータ「プロジェクト・ZIPANGU」に登録された人々の記憶を蘇らせるというやつで、「プロジェクト・ZIPANGU」に登録済みの人はアギが作ったドラッグ「ZERO」を服用することで副作用なく昔の記憶が夢で見ることができる。
その中でも「12天」という役柄につく人には、それぞれパスワードが割り振られていて、それを集めると巨大コンピュータ・ZIPANGUを破壊することができる。
それを動かすためのクリスタル・チップは、バツが父親の形見として持っていたが、それをゲオに託した。
ストーリー展開としては、結構複雑なので、一読だけでは理解できないかもしれません。
(私は何度か読み返しました)
漫画を読み込むのが好きで、転生やSFチックなものが好きな人にはお勧めです。
簡単にさらっと漫画が読みたい人にはお勧めできないかなと。
現在、最新巻の9巻では、たくさんの仲間と逃げていたゲオだったが、とうとう一人になってしまうかもしれないという展開になっています。
どんどん周囲の人がクリスタル・チップのために死んでいく。
バツの正体もそろそろわかりそうですね。
次のコミック発売は…来年夏なのかな?
待ち遠しいな?
(だいたい夏頃に発売されているから)
面白かった度:★★★★☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 津田雅美「彼氏彼女の事情」全21巻
  2. 右京あやね「欲情CMAX」1~2巻
  3. 篠原千絵「水に棲む花」1~4巻
  4. しがの夷織「そんな声だしちゃイヤ!」全7巻
  5. 相原実貴「ホットギミック」全12巻
  6. 田中メカ「天然パールピンク」全4巻
  7. 藤原ヒロ「会長はメイド様!」第1巻
  8. 由貴香織里「天使禁猟区」全20巻

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*