腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

加納邑「ボディガードは愛を知らない」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 加納邑「ボディガードは愛を知らない」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
加納邑「ボディガードは愛を知らない」腐女子のオタク感想文+

リーフノベルズ加納邑さんの「ボディガードは愛を知らないicon」です。イラストは桃山恵さんです。
ボディガードは愛を知らないicon【 あらすじ 】
菱谷グループ社長の御曹司・旭は、後継者指名を受ける二十歳の誕生日を前に「後継者を降りなければ殺す」と脅迫され、命を狙われ始める。父の跡を無事に継ぐため、旭は凄腕のボディガード・鷹塔に助けを求めた。彼が依頼を引き受ける条件として旭に告げたのは、絶対服従。どうしても死にたくない旭は条件を受け入れることにしたのだが―同居生活を命じられた上、強引に押し倒されてしまい──。
■加納邑「ボディガードは愛を知らない」詳細[↓]
bk1 アマゾン   セブンアンドワイicon
■関連サイト
加納邑さんホームページ 「加納邑 HOME PAGE 」

http://05210.com/


【 感想 】
ボディーガード×御曹司です。
菱谷グループを継ぐものとして、小さい頃から教育を受けてきた旭は、「後継者を降りなければ殺す」と脅迫される。自分のボディーガードの一人から襲われたため、自分の身辺も信用できない中、「死に神」の名前で知られるボディーガード・鷹塔へ自分から依頼をするが、依頼を受ける条件として提示されたのは「絶対服従」だった。
特に深く考えずに条件をのむが、同居を命じられた上、押し倒されてしまうが……というお話です。
ボディーガードの鷹塔は微妙に  です(笑)
Sといっても、激しいサドではないのです。
旭の顔にちょっと傷がついていると、興奮するらしいです(笑)
例えば擦り傷とかね…(笑)
凄腕のボディーガードだけど、依頼人とは恋をしないと決めた鷹塔が旭のことが特別になっていく過程は 萌 え なかんじで楽しく読みました。
なぜかこれを読んでいて、あの「シティーハンター」が思い出されてなりませんでした。
こういう設定は結構あるんですが……なんか依頼人が捕まって、銃を投げ出すシーンとかが……彷彿とさせられました(笑)
こういうの、好きなんですよね?★
面白かった度:★★★☆☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事はまだなかったみたい。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*