腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

ふゆの仁子「龍を飼う男」

| 7 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ふゆの仁子「龍を飼う男」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ふゆの仁子「龍を飼う男」腐女子のオタク感想文+

竹書房ラヴァーズ文庫ふゆの仁子さんの「竜を飼う男icon」です。イラストは奈良千春さんです。
iconicon
【 あらすじ 】
「この身体を、いくらで買ってくれますか?」
「さあ? まずは、試してみてからだ…」

高柳は今、一世一代の決心を胸に香港の超高級マンションの前に立っていた。目的の相手は、大学時代の同級生、ティエン・ライ。香港での仕事をマフィアに邪魔され、失敗しそうな高柳は、最後の手段にティエンに交渉を持ちかけに来たのだ。交渉金のない高柳は、自分自身の身体をティエンに売るから、それでマフィアをなんとかしてほしいと頼む。必死な高柳に、香港でも有名なマフィアの血を引くティエンは、妖しい取り引きを持ちかけてきた。「お前の身体だけで報酬が足りない場合は、俺に一生飼われる覚悟はあるか」危険な魅力を放つティエンの目の中に茫然と頷く自分の姿を高柳は見た…。
■ふゆの仁子「龍を飼う男」詳細[↓]
bk1 アマゾン  セブンアンドワイicon
オンライン書店ビーケーワン:駆け引きはベッドの上で
■関連商品
ふゆの仁子「駆け引きはベッドの上で」
※今作の2年後の話です → 感想を読む?
■関連サイト
ふゆの仁子さんのホームページ 「dress 」

http://www16.big.or.jp/~dress/


【 感想 】
前作「駆け引きはベッドの上で」の二年前の設定で、脇役で登場したティエンという男が主役の話です。
この話でのティエンは本当にこういうタイプの男ではなく、もっと丸いかんじの男だったので、私は結構びっくしりました (・_・;
本当は買ってすぐに読了しているのです。
前作と今作の間には二年の時差があります。
前作と今作でティエンの性格が違いすぎるので、その間の二年で一体何が起こったの!?と一人脳内劇場で妄想していたために、こんなに感想が遅れてしまいました(^^ゞ
だって…どっちも読んだ人なら…気になりますよね…!???
現在勤めているウェルネスマートという米国大手企業に勤める高柳は、香港へ事業参入することになったが、マフィアに邪魔されてしまい、それに恐れをなした一緒に働いていたスタッフも逃げ、上司は事故に遭ってしまい、一人になってしまった。
そんななか、大学時代の同級生のティエン・ライに自分を買ってくれるように取引を持ちかけた。
ティエンのバックにマフィアがいるらしいことを知っていたからだ。
自分を身体を売るから、マフィアを何とかしてくれと頼み、それから抱かれるようになるが、報酬が足りない場合は、自分に一生飼われる覚悟はあるのかと言われ……というところから始まるお話です。
ティエン……なんか結構可哀想だよね……
好きな人に 「君は僕の事を好きだったんじゃないか」 って言われて、さらには 「自分を買ってくれ」 って言われるんですよ ( ̄▽ ̄;)
非常に哀れでなりません…ティエン…!!
自分から買えと言った高柳だけど、ティエンのことが好きであることを自覚する。
だからこそ、ティエンに抱かれるのが辛くて、酔ったふりをしてティエンに甘える高柳。
でもティエンも、大学のころから好きだった人相手だからこそ、色々辛い。
私はですね…こう悪い男というか、強い男というか、いかにも他人のことなんかどーでもいいという攻めが、好きな人のためを思いやって身をひいてみたり、あきらめてみたり、とことん甘かったりするパターンが大好物なのですよ!!
そして、結局タイトルの「龍を飼う男」は、飼っているのは高柳で、ティエンが飼われて二年後に丸くなるっていうことなのかなと勝手に妄想してます(笑)
そういうわけで、ご満悦な一冊でした (*´∇`*)
しかし、奈良さんのイラストが……毎度いいかんじです!
カラーもモノクロもナイスです!!!! (≧▽≦)
眼福!!!!
でもカラーピンナップ……ウイスキーのボトルだったんですね…
てっきり修正を入れなければならないほど危ない状態になってしまったのかと思ったんですが…
本文を読んであれはウイスキーのボトルだとわかりました。
いや、場所が場所だけに…ね…(笑)
続編も決定している作品ですし、展開が気になります♪
面白かった度:★★★★☆

龍を飼う男
ふゆの 仁子 奈良 千春
竹書房 (2005/09/24)
売り上げランキング: 4,418
おすすめ度の平均: 4

4 2年前はこうだったのね

ふゆの仁子さん関連商品>>

奈良千春さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. ふゆの仁子「龍の後継者」
  2. ふゆの仁子「蜜約はスーツを脱いで」
  3. ふゆの仁子「駆け引きはベッドの上で」
  4. ふゆの仁子「恋愛方程式の解法」
  5. ふゆの仁子「愛しかいらねえよ。」
  6. ふゆの仁子「朝比奈弁護士の昼下がりの情事」
  7. ふゆの 仁子「100万$の男」
  8. 結局無理だった
  9. 3周年記念BOOKラヴァーズコレクション「ラブ・コレ」
  10. BL作家さんサイト紹介
  11. ビブロスその後?

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

7 Comments

  1. [BLS]龍を飼う男

    ふゆの仁子&奈良千春(竹書房ラヴァーズ文庫) 駆け引きはベッドの上で続編・・・というより番外編。前作とのリンク作品です。今回も奈良千春先生のイラストが素敵…

  2. Juraさん、こんばんは。
    …そうなんですよ…
    超あからさまな修正だな…そんなにまずかったのかなと思ったりしたり(^^ゞ
    モザイクかける余裕もないほどキツキツ入稿だったのかなと、余計なことまで考えてしまいました(笑)
    結局ただのビンであることが判明しましたけどね…(笑)
    TBありがとうございました!

  3. こんにちは
    さくらさんも修正だとおもったくちなんですね(笑)
    確かにあの位置だとそう見えなくも無いかも、でも色も色だし、余りにもあからさま…^^;)

  4. [詞]龍を飼う男

    香港の超高級マンションの前にたたずむ一人の男…高柳 智明(たかやなぎ ともあき)は今一世一代の決心を胸にこのマンションの最上階にいるかつて大学の同級生だっ…

  5. リリカさん、こんにちは!
    ウイスキーのボトルは本文を読む前は、本当に修正が入ったんだと思ったので、小説のイラストにもモザイクが入る時代になったんだと一人感慨深い?かんじになっていたので、ちょっと真面目にびっくりしましたよ(^^ゞ
    いや、別に私は修正なしでも大丈夫ですけどね…? (゜ロ゜;
    コメントありがとうございました!

  6. >ウイスキーのボトル
    ね、そう思いましたよね。
    真っ黒だし、丸いし。
    でも、きわどいイラストでも、奈良さんのだったら眺めていても平気というか、自分の嗜好を肯定できるというか…
    そんな気がしませんか(笑)
    ではまた。
    TBありがとうございました。

  7. 龍を飼う男 ふゆの仁子

    『駆け引きはベッドの上で』 のリンク作品です。ただ、こちらは 『駆け引きは…』 から2年も前の話だそうで、独立した話として読むことができます。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*