腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

日渡早紀「ボクを包む月の光 『ぼく地球』次世代編 」2

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 日渡早紀「ボクを包む月の光 『ぼく地球』次世代編 」2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
日渡早紀「ボクを包む月の光 『ぼく地球』次世代編 」2腐女子のオタク感想文+

花とゆめコミックス日渡早紀さんの「ボクを包む月の光icon」の第2巻です。
iconicon
【 あらすじ 】
輪と亜梨子の息子・蓮の周りで起こるフシギな出来事。それをクラスメイトに証明したくてムキになる蓮だったが…。そんな蓮の額に現れたキチェ。亜梨子は木蓮の生きた証として、蓮に聖歌を教えようとするが気持ちばかりが焦ってしまい…!?
「ぼく地球」次世代編、第2弾登場。
※「ぼくの地球を守って」を先に読まないと意味が通じないことがたくさんあります。
日渡早紀「ボクを包む月の光 『ぼく地球』次世代編」2詳細[↓]
bk1 アマゾン  セブンアンドワイicon
■日渡早紀「ボクを包む月の光 『ぼく地球』次世代編」全2巻
bk1 アマゾン
日渡早紀「ぼくの地球を守って」白泉文庫 全12巻
bk1 アマゾン 
日渡早紀「ぼくの地球を守って」愛蔵版 全10巻
bk1 アマゾン 
日渡早紀「ぼくの地球を守って」全21巻
bk1 アマゾン 


【 感想 】
次世代編の第2巻。
かなりよかったんではないかと、一人満足しています!!
「自分には秘めた可能性があるんだ」って誰しも思うものじゃないでしょうか。
子供なら特に、超能力があるんじゃないかとか。
かくいう私も、そんなことを考えていた時期が非常に長くありました(笑)。
輪と亜梨子(ありす)の子供・蓮も、そんなことを考えていた。
それもそのはず、父の輪は空を飛び瞬間移動できる超能力を持っていて、母の亜梨子も歌を歌うと植物を成長させることができる能力を持っていた。
それは全て前世から由来することだけど、その事実をまだ蓮は知らない。
何で自分は出来ないんだろうと思っていた。
登校拒否しがちになる蓮の希望を叶えるため、担任の聟山先生が「魔法学校」の授業をしてくれることになったという話が中心のコミックスです。
子供の不思議に対する心とか、子供が些細なことで喧嘩してしまうことを描いていたりとか、とてもいい話が多いと思います。
コミックス後半は、前巻の蓮が歌を歌ったら木蓮の花が咲いたという話を聞いた亜梨子が、蓮にそのときの歌を歌わせるのですが、その歌は亜梨子の前世・木蓮から教えられたというキサナドという、前世でキチェスと呼ばれる特殊能力を持った人だけに伝えられる聖歌だった。
それを聞いた亜梨子は動揺してしまうが……という話です。
ちなみに気になったところとしては、担任の聟山先生に見せてはいけない姿を見せてしまい、先生から電話がかかってきたときの輪の発言
「蓮とカチコの父っぽい人です」
…ってのが、相変わらずで笑わせてくれました(笑)。
また、キサナドを歌おうとする蓮にアドバイスをした木蓮の
「歌は大気にとけるのよ」
という台詞を見て、あの前作を思い出して、また読み返したくなりました。
個人的にはかなりお勧めのコミックスなのですが、この前世編の「ぼくの地球を守って」を読んでいないと話が通じないかもしれないところが痛いです。
エピソードの一つ一つは面白く、結構ほんわかするものが多いだけに残念無念です。
……自分のブログで全巻感想書けばいいのかな…とか思ったりしますが……どうかな(笑)
次世代編が静かな良作品なら、「ぼくの地球を守って」は動きのある作品です。
ちなみに、タイトルで誤解をされがちですが、地球がピンチになって救う話ではないです(笑)
(↑これは私が実際に読む前に誤解していたことです・笑)
とりあえず、簡単に紹介してみます。
記憶が薄いので、間違っているところがあるかもしれませんが…そこはご容赦を。

概要:ぼくの地球を守って
●木蓮は、亜梨子の前世で月の住人。
額に四葉のマーク(キチェ)を頂くキチェスという特殊能力者で、歌を歌うと植物を成長させる力を持つ。
キチェとは乙女でないとその能力があらわれず、処女ではなくなるとそのキチェのマークも消えてしまい、能力もなくなってしまう。
●紫苑は、輪の前世で月の住人。
戦災孤児で常に孤独と隣り合わせの人生をおくってきた。
かなり強力なESP(超能力)を持ち、美人で聡明でモテモテの木蓮に回りが浮ついている中、一人無関心を装っていたが……実際はひかれていた。
地球を観察する宇宙船に乗るメンバーの七人の中に両者とも選ばれるが、宇宙船の中で伝染病が蔓延し、死に絶えてしまう。
その中、一人生き残った紫苑は、木蓮の最後の言葉「生きてほしい」という言葉を胸に、一人で9年も半狂乱の中で生き残り、現世に転生する。
物語は、輪が転生して普通の小学生として生きているところに、隣のマンションに引っ越してきた高校生の亜梨子と出会うことで始まる。
亜梨子は植物の気持ちがわかる不思議な女の子だった。
ある日、亜梨子は誤ってマンションのベランダから輪を落としてしまう。
それにより、ESPと壮絶な前世の記憶を取り戻してしまったところから物語は始まる。
幼い年齢で前世の記憶を取り戻したことにより、不安定になってしまう輪。
小学生をベランダから突き落としたとして、転校先の学校でシカトされる亜梨子。
学校で植物と話をしていると、不思議な二人に出会う。
その二人は、同じ夢を共有しているけど、見ている視点が違って、ちゃんと役があるという。
その登場人物は全部で7人となっていて、他にもメンバーがいるんじゃないかと思い、ミステリー雑誌に呼びかけて見ることにするが……というのが物語の始まりです。

…と、まあこんなところでしょうか。
これで少しは通じますか??(笑)
…………余計にわからなくなりました?
面白かった度:★★★★★

ぼくの地球を守って Vol.4
ビクターエンタテインメント (2001/10/24)
おすすめ度の平均: 5

5 紫苑の愛の深さに・・
5 時を越えても・・・
5 DVD化バンザイです!!

ぼくの地球を守って 全12巻
日渡 早紀
白泉社 (2003/09/10)
おすすめ度の平均: 4

4 過去・現在・未来

ぼくの地球を守って―愛蔵版 (8)
日渡 早紀
白泉社 (2004/08/27)
売り上げランキング: 26,929
おすすめ度の平均: 5

5 ありすの前世

ぼくの地球を守って―愛蔵版 (7)
日渡 早紀
白泉社 (2004/08/27)
売り上げランキング: 29,055
おすすめ度の平均: 4

4 最初と最後がいいです

ぼくの地球を守って―愛蔵版 (1)
日渡 早紀
白泉社 (2004/05/28)
売り上げランキング: 42,455
おすすめ度の平均: 4.67

5 よかった
5 こんなに壮大な話は読んだことがない!
4 できれば1/4のたわごともあると嬉しかった。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 日渡早紀「ボクを包む月の光 『ぼく地球』次世代編 」1
  2. 結局無理だった
  3. 仲村佳樹「スキップ・ビート!」第1?9巻
  4. 葉鳥ビスコ「桜蘭高校ホスト部(クラブ)」1?6巻
  5. 橘裕「Honey」第1?8巻
  6. 草川為「十二秘色のパレット  1」
  7. 田中メカ「天然パールピンク」全4巻
  8. 画:山口貴由、原作:南條範夫「シグルイ」WOWOWでアニメ化決定!
  9. 草川為「十二秘色のパレット 2」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*