腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

井ノ本リカ子「BODY TALK」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 井ノ本リカ子「BODY TALK」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
井ノ本リカ子「BODY TALK」腐女子のオタク感想文+

ダイヤモンドコミックス井ノ本リカ子さんの「BODY TALKicon」です。

BODY TALK (ダイヤモンドコミックス)【 あらすじ 】
好き。嫌い。大好き。 
あくまで柔らかく繊細な筆致。どこまでも瑞々しく艶っぽい空間。 
描き下ろし作品「ありえない」24ページ収録。 
センシティブ&オリジナルBOYS LOVE。井ノ本リカ子、発動。

■井ノ本リカ子「BODY TALK」詳細[↓]
bk1 アマゾン   セブンアンドワイicon

井ノ本リカ子「BODY TALK (ダイヤモンドコミックス)」詳細はこちら


【 感想 】

なんというか、すごかった。

最近ちょっと興味のある作家さんだったので、こっそりとネット通販で頼んでみたんですが……
(書評を読んだ時点でリアル本屋で買う勇気はなかった・笑)
過去に出た出版物を見ると男性向けが多い気がしますが、もしかして男性向け漫画出身なのかな?
あんまり詳しくないので、ただの推測ですが……確かに男性向けの漫画もある。
でもそうだと、とても納得できます(笑)

それと、非常に好き嫌いが別れる作家さんになるかと思います。
理由は……推測してください(笑)

●Lair!Lair!

人工生命の魚を作った受けが、迷子の少年?を拾ってきて、色々されちゃう話。
これはただの迷子ではないようです。

●ありえない

友人が経営する店にただ飯を食いにきた攻め。
あまりはやらない店に少年と青年が一人づつやってくる。
友人は食事を出して、聴きたいラジオがあるので店番を攻めに任せて部屋へ。
少年がお金を払おうとお札を出すがおもちゃのお金で、何故か攻めが青年をやってしまう話。

何がそうさせたのかわかりませんが、とりあえずやってるところで、少年が見ているのに気付いて、さすがにやばいと思う攻め。
しかし、少年も攻めだったという3Pもの。

攻めが何故やっちゃうのかがわかりまえせんでしたが、まあ気付いたらやっていたということで(笑)

●くしゃみ

高校の卒業式で、生徒と先生がやってしまう話。
というか、先生が誘い受けで、それから一年後再び再開するが……?

●甘病。

看病が甘いということです。
風邪をひいた受けを看病しているうちにやってしまうお話です(笑)
要するにラブラブであるということで甘い病気だったのでしょう(笑)

●目を開けてはいけない

これはさ~(笑)
あそこまでされて寝たふりってのもすごいよな?と(笑)

気付かないわけないでしょう!!

寝たふりをし続ける受けと、寝ていて欲しいと思いながらも起きて欲しいと思う攻め。
どっちも気付けよ! みたいな(笑)

●いちゃいちゃ

田舎?にデートに来たカップルが、バスの乗り遅れてしまう。
それはその日最後のバスで……?という話。

●DOGS

私は漫画でこんなすごいのを初めてみました。
小説だとヤクザものとかの描写で見ますが……

スカ○ロ! スカ○ロですよ!!!!

あんなにしっかり描かれた漫画は初めてでした……!!

教師が生徒に電車の中で痴漢に合う話。

しかも痴漢+スカ○ロだけじゃなく、さらに4P!

3人に攻められる先生……
でも先生は可哀想じゃないのです。
それは最後の最後でわかるので言いません(笑)

。;’* + ☆,°・ ‥.。;’* + ☆,°・ ‥.。;’* + ☆,°・ ‥.。;’* + ☆,°・ ‥.

……というわけで、表紙のイメージで買ったら大変なことになるかと思うので、
色々な意味で注意が必要です!

…特に最後の話……!

全体的にはエロシーンがエロい漫画です。
(↑説明になってない気が……笑)

なんというか、効果音が……すごいのです(笑)
エロを求める人向けかな~と(笑)

私はショタ受け以外はなんでも問題ないので、もちろん平気でした(笑)
(↑問題発言!?)

面白かった度:★★★★☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 井ノ本リカ子「BABY BITCH!」
  2. 2007年5月のアクセス解析結果☆
  3. 小説ショコラ8月号増刊「ReRosa(レ・ローザ)」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*