腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

剛しいら「茉莉花茶(ジャスミンティー)の魔法」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 剛しいら「茉莉花茶(ジャスミンティー)の魔法」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
剛しいら「茉莉花茶(ジャスミンティー)の魔法」腐女子のオタク感想文+

ダリア文庫剛しいらさんの「茉莉花茶(ジャスミンティー)の魔法icon」です。イラストは緋色れーいちさんです。
iconicon
【 あらすじ 】
清楚にして淫乱──
大手商社の村上は、有名紅茶メーカーの役員で、六年前に身体の関係があったアランと再会する。当時、遊びのつもりだった村上は、妖艶で淫らなアランに本気になってしまった。だが、本気になったのは村上だけで、結局仕事の契約は壊され、二人も破局を迎えたのだった。しかし、再び現れたアランは相変わらず美しく、しかも村上が手がけようとしている中国茶の交渉を助けると言い―。
■剛しいら「茉莉花茶(ジャスミンティー)の魔法」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス  セブンアンドワイicon


【 感想 】
紅茶は媚薬」の関連作品のようですが、私はこちらは読んでいませんので、それなりに?読みました★
歴史ある紅茶専門店ミルククラウン社の直営店のカフェがオープンした。
そこに立ち寄り、アフタヌーンティーセットを注文する。
過去に村上が商談に行ったが失敗してしまい、村上の出した案がそのまま形となって、この店に反映されていた。
そのときの失敗の原因は、アランという妖艶な男。
男に興味がないはずの村上が本気になってしまったことで、仕事の感が鈍り、破局をしてしまった。
その店でアフタヌーンティーを味わっていると、あのアランと偶然再会して……というところから始まるお話です。
この本は私の在庫リストにずっと掲載されていた本です。
読む気にならなかったのは、挿絵の中に女装があったから……orz
こんなのBLを読んでるくせに、女装ものはちょっと苦手だったのですが、読んでみて女装というシーンは必要だったのがわかりました。
村上は、紅茶専門店の第一号店を、歴史あるミルククラウン社の扱う茶葉でオープンさせたかったが、その交渉にやってきたアランに、ずっとデートもしてないから一緒にご飯を食べてくれる女性を紹介して欲しいと頼む。
そこにやってきたのが、白いチャイナドレスに身を包んだアランにクリソツの美女で、村上はそのジャスミンと名乗る女性に一目惚れしてしまった。
そのあと、ジャスミン=アランということには気付くのですが、恋愛感情がビジネスの感を狂わせてしまい、村上はアランを諦める。
その過程が回想シーンで出てきますが、結構面白かったです。
紅茶で失敗したから、次は中国茶。
アランを見返したくて、必死に仕事をする村上だったが、中国茶は奥が深く難しい。
茶葉の種類についても結構説明が入っていて、中国茶好きの私としては、そのあたりも満足な一冊でした。
アランの性格は、最初読んでいるとむかつくやつ!とか思ったりするんですが(すいません…)、あとで「あれは虚勢を張っていたんだな」とわかると、なんだか可愛く思いえます。
最後はもちろんハッピーエンドです。
何故か噂だと「紅茶は媚薬」よりも、本作のほうが面白いらしいです。
今度時間があったら読み比べてみようかな?
面白かった度:★★★★☆

茉莉花茶の魔法
剛 しいら 緋色 れーいち
フロンティアワークス (2005/08/13)
売り上げランキング: 13,136
おすすめ度の平均: 5

5 あのイヤなヤツが・・・

紅茶は媚薬
剛 しいら
フロンティアワークス (2004/02)
おすすめ度の平均: 3

3 イギリス、紅茶、お貴族様

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 剛しいら「星の秘密」
  2. 剛しいら「ビター・ヴァレンタイン」
  3. 剛しいら「月の秘密」
  4. 剛しいら「夜の秘密」
  5. 剛しいら「罪と蜜」
  6. 剛しいら「人のかたち」
  7. 剛しいら「とまり木の麗人」
  8. 剛しいら「赤色サイレン」
  9. 剛しいら「隠したい欲望」
  10. 剛しいら「虜囚」
  11. 剛しいら「青と白の情熱」
  12. 剛しいら「奪われた白衣」
  13. 剛しいら「惚れたら最期」
  14. 剛しいら「愛と恋の境界」
  15. 剛しいら「ひとの形」※同人誌
  16. 剛しいら「ひとの形2」※同人誌
  17. 10月一回目の購入履歴。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*