腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

山口美由紀「ドラゴン・ナイト」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 山口美由紀「ドラゴン・ナイト」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
山口美由紀「ドラゴン・ナイト」腐女子のオタク感想文+

花とゆめコミックス山口美由紀さんの「ドラゴン・ナイトicon」です。

ドラゴン・ナイト (花とゆめCOMICS)

【 あらすじ 】
竜の騎士・グリアンに見出され、祈りで国に豊穣をもたらす『星を抱く姫』の力に目覚めたリン。
だが、竜の騎士達を蝕む呪いの解消・高配した大地の復活と難題続出!!
その上、謎に包まれた先代の『星を抱く姫』フィヌーラ殺人事件に巻き込まれてしまい!?
田舎娘・リンの運命は―――。

■山口美由紀「ドラゴン・ナイト」詳細[↓]
アマゾン  セブンアンドワイicon


【 感想 】

山口美由紀さんのファンタジー漫画です。
本棚から発掘されたので、感想書いてみることにしました★

国の外れの辺境の田舎娘・リンは、土地の感情がわかる不思議な少女だった。
ある日、町に野菜を売りに行く途中で、いい男のグリアンに出会う。
リンがあるおまじないを土地にすると、そこの野菜はよく育つと、周辺ではちょっとした有名だった。
その光景を見て、竜の騎士・グリアンは、祈ることで国に豊穣をもたらす「星を抱く姫」ではないかと考え、首都に連れていこうとするが……というところから始まるお話です。

この話は、リンという主人公が本当に底抜けに明るくて、ダークになりそうなストーリーもかなりこれにより払拭されているのではないかと思います。

「星を抱く姫」を守る竜の騎士は、姫を守れないと不死の呪いがかけられてしまう。
先代の美貌で名高いフィヌーラは既になくなっており、竜の騎士たちには呪いがかけられていた。
それを解くことができるのも、本当の「星を抱く姫」ただ一人だが、始めはちっとも力の使い方を知らないリンだったけど、旅が進むに連れて、力の使い方もわかって成長します。

彼女の物事を明るく捉える考え方はいいですね♪
フィヌーラは殺人事件と、豊穣をもたらす力が原因となった毒の作用が、物語の要になっています。

個人的には、明るすぎるこの主人公は気に入っています♪

さすが山口美由紀さんですね~!

面白かった度:★★★★☆

山口美由紀さん関連書籍>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 山口美由紀「天空聖龍~イノセント・ドラゴン~」第1巻
  2. 樋野まつり「ヴァンパイア騎士」第1巻
  3. 樋野まつり「ヴァンパイア騎士」第2巻
  4. 樋野まつり「ヴァンパイア騎士」第3巻
  5. 由貴香織里「天使禁猟区」全20巻

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*