腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

片山智森「フェイクなキスは秘密の約束」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 片山智森「フェイクなキスは秘密の約束」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
片山智森「フェイクなキスは秘密の約束」腐女子のオタク感想文+

ルビー文庫片山智森さんの「フェイクなキスは秘密の約束icon」です。イラストは富士山ひょうたさんです。
片山智森「フェイクなキスは秘密の約束」icon【 あらすじ 】
この人が捜していたのは、自分じゃない。
──それが、とても悲しい。

やたらと行動派な双子の兄・侑馬に頼み込まれ、彼らの従弟が勤める大手出版社に、兄のふりをしてバイトすることになった、高校生の篠宮深月。だが、偶然編集部を訪れていた超人気作家・瀬能如月が、なぜか侑馬のことを知っていて、雑用係として指名してしまう!
侑馬のふりをしたまま瀬能の家に通うことになった深月だが、勢いで抱かれてしまったあげく、瀬能に惹かれている自分の気持ちに気づいてしまって…。
■片山智森「フェイクなキスは秘密の約束」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス  セブンアンドワイicon


【 感想 】
なんか最近ほのぼの系が好きな私です……
あきらかに趣味が変わったな? (^^ゞ
この 片山智森 さんという作家さん、初めて読みました。
お名前も初めてみたのですが、もしかしてデビュー作でしょうか?
検索してみましたが、その他の商業作品が出てきませんでしたしね。
もしそうなら、結構この先期待できそうな作家さんかな?と勝手に期待してしまいます(笑)
双子の兄・侑馬は夢だった牧場でのアルバイトが決まり北海道に行くことに。
従兄弟から声をかけられた出版社のバイトに、兄のふりをして行って欲しいと、双子の弟・深月は頼まれる。
従兄弟にも、人気作家さんの指名だからと頼まれて、深月はそのアルバイトを引き受けることにする。
この入れ替わりの事情を知っているのは、双子の兄・侑馬と従兄弟だけだった。
何故、侑馬が指名されたのかはわからない。
しかし、人気作家・瀬能如月は、何故か侑馬のことを知っていて、二人の思い出話をしてくるが、深月は受け答えをするのが精一杯だった。
かなりスキンシップが激しい瀬能に翻弄されつつも、彼を飼育?しているつもりで雑用をこなしていくが、スキンシップは徐々に激しさを増していき、ついにはうっかり抱かれてしまうが……というお話です。
私の表現が可笑しいと思うかもしれませんが、本当に うっかり 抱かれているかんじでした(笑)
侑馬は太陽のようにまぶしい明るさを、深月は月のようにしっとりとした静かなる明るさを持つ少年たちです。
相手が本当の侑馬だったら、こんなことにはならなかったんでしょうが、「外見は双子でも中身は深月」の侑馬に惚れてしまう。
「まったくそんなつもりはなかったのに、お前は少し可愛すぎる」
と言いつつ、手を出す瀬能に、深月はなすがまま!
いや、抵抗していたんですけどね?。
抵抗は無駄でした(笑)。
最後には瀬能に正体がばれるわけですが、そこも結構微笑ましい?かんじでした。
自分の身代わりでバイトに行ったことで、侑馬は自分の可愛い(笑)深月に何かあったんじゃないかと、北海道から帰ってくる。
そして、そのまま瀬能をぶん殴る!!
なんか……父性愛のようなものをかんじました(笑)
従兄弟も必要以上に心配していたし、みんな娘感覚なのかなとか思ったりしました(笑)。
ストーリー的には展開が見えますが、何故か深月の可愛さと、侑馬のことを好きだと思って抱く瀬能が、好みの展開となった模様です♪
面白かった度:★★★☆☆

フェイクなキスは秘密の約束
片山 智森 富士山 ひょうた
角川書店 (2005/12/28)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 2006年1月第二回目の購入履歴。
  2. 2006年1月第三回目の購入履歴。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*