腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

剛しいら「星の秘密」

| 4 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 剛しいら「星の秘密」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
剛しいら「星の秘密」腐女子のオタク感想文+

ダリア文庫剛しいらさんの「星の秘密icon」です。イラストは巴里さんです。
剛しいら「星の秘密」icon
【 あらすじ 】
至高の悦びを与えられて…
両親を亡くし、悲しみに暮れる天之昴は、星空の下で侯爵と呼ばれる謎の金髪の男に出会う。一目で彼に惹かれていった昴だが、実は彼は純粋種の吸血鬼だった。
昴は侯爵の別荘に血液提供者として連れ去られ、最初は途惑うものの、次第に悲しみを背負う侯爵を愛しく思い始めてしまう。一方、侯爵は遠い過去に愛という感情を捨ててきてしまったようで…。
悠久の時を紡ぐラブストーリー。
■剛しいら「星の秘密」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス セブンアンドワイicon
■関連商品
「月の秘密」 → 感想を読む?
「夜の秘密」 → 感想を読む?

■関連サイト
剛しいらさんホームページ 「剛しいら組」

http://homepage1.nifty.com/siiragou/

巴里さんホームページ 「archaic smile-アルカイックスマイル」

http://archaic.smile.tc/flat/


【 感想 】
吸血鬼×研究者です。
月の秘密」、「夜の秘密」を読んでからのほうがさらに楽しめるかと思いますが、この本一冊だけでも内容的には問題ないかと思います。
上記二冊では登場しなかった純粋種とよばれる吸血鬼がとうとう登場します。
両親を事故で亡くしたばかりの昴は、悲しみに暮れながら、父の好きだった星空を眺めていた。
その美しい空の下で、公爵と呼ばれる男に出会う。
星の神話のことを考えていた昴は、その登場人物と言っていいほどの美貌の男に一目で心を奪われてしまい、話のままに自分の願い……「心から愛せる誰かがほしい」と口にする。
それが契約となり、昴は吸血されてしまうが、目を覚ませばまるで夢の出来事のようだった。
あの日の出来事は夢だったのではないかと思っていた頃、昴のいる研究室に一本の電話が入る。
父が生前注文した望遠鏡が出来たというものであり、実家に届けてくれるという電話の主と、自宅で会う約束と取り付け、遺品がたくさんある実家へ帰郷する。
そこで精神をコントロールされた昴は、山奥のとある屋敷に連れて行かれしまい、そこであの夜心を奪われた侯爵と再会するが、彼はそっけない。
そんな中で、自分が彼が生きていくために必要な血の提供者であることを知り、侯爵はマスターと呼ばれる吸血鬼であることを知るが、恐怖よりも恋しい心が募り……というお話です。
古の時代から迫害をされてきた吸血鬼。
色々な史実が残っていますが、異端というのはいつも迫害されてしまいます。
魔女狩りなどはあまりいいものではありませんね……。
地球は私たちが生きる前から存在しているのであって、そういう神秘っていうのは、合って当然なのではないかと思います。
人間であるのが正しいのか、私にははなはだわかりませんが、昴の設定が「両親を亡くしていた」ので、最近相次いで親戚が亡くなる私には、ちょっと考えてしまうこともありました。
やはりちょっとしたことで涙が出るシーンなどは、悲しい気持ちをひきずってしまうのがよくわかってしまい、なんだか非常に共感してしまいました。
遺品整理もキツイですね……思い出ばっかりですからね……
と、まあ、普通の感想は置いておいて(笑)
今回、メイン?の吸血鬼が純粋種と呼ばれる種族で、巴よりもランクが上です。
そのため色々な能力もありますが、人の感情などには鈍く、寧ろ全くわかりません。
昔は知っていた感情ですが、千年生きる間に辛いこともたくさんあり、寧ろ自分から封印してしまったような気もします。
そんな侯爵をどう恋愛の状態に持っていくのかなというのが、個人的には見ものかなと思います。
昴の純粋な侯爵への想いが、鉄のハートを動かしたのでしょうか。
これには、まあ血清を研究する、侯爵のところに勤務する研究者・赤根が一枚噛んでいるかと思います。
侯爵に対する想いや、研究に対する情熱が赤根を暴走させてしまいましたが、それがなかったらきっと昴は彼へ片思い状態だったんじゃないかと思います。
月の秘密」の巴と太地が結構出てきたのにたいして、「夜の秘密」の真城と高瀬は、ラストにちょこっと出てきただけなので、残念!
しかし、巴がどんなことをしているのかがわかる一冊でもあります。
侯爵は純粋種なので、あまり人間っぽくないので、前二作品に比べて吸血鬼っぽさが出ています。
それでも人間らしい素敵な感情が読めました。
「ここが超萌え!」 とかいうのはないのですが、全体の雰囲気がとてもよくて、結構好きなシリーズなので、個人的にはかなりご満悦でした♪
面白かった度:★★★★☆

星の秘密
剛 しいら 巴里
フロンティアワークス (2005/11/12)
売り上げランキング: 105,777
夜の秘密
剛 しいら 巴里
フロンティアワークス (2005/04/13)
売り上げランキング: 44,850
おすすめ度の平均: 5

5 なんていじらしい吸血鬼

月の秘密
剛 しいら 巴里
フロンティアワークス (2005/04/13)
売り上げランキング: 73,975

剛しいらさん関連商品>>

巴里さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 剛しいら「夜の秘密」
  2. 剛しいら「月の秘密」
  3. 剛しいら「茉莉花茶(ジャスミンティー)の魔法」
  4. 剛しいら「ビター・ヴァレンタイン」
  5. 剛しいら「罪と蜜」
  6. 剛しいら「とまり木の麗人」
  7. 剛しいら「赤色サイレン」
  8. 剛しいら「虜囚」
  9. 剛しいら「隠したい欲望」
  10. 剛しいら「人のかたち」
  11. 剛しいら「青と白の情熱」
  12. 剛しいら「奪われた白衣」
  13. 剛しいら「惚れたら最期」
  14. 剛しいら「愛と恋の境界」
  15. 剛しいら「ひとの形」※同人誌
  16. 剛しいら「ひとの形2」※同人誌
  17. 東北地方太平洋沖地震アニメチャリティー『Smile Heart』開催!
  18. 勝手にお気に入りピックアップ2005【少女漫画編】

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

4 Comments

  1. 星の秘密/剛しいら(illust 巴 里)

    前作「月の秘密」「夜の秘密」と続く「秘密」シリーズ第3弾です。シリーズとは言え登場人物は変わっているのでこれだけでも楽しめますが、リンクしてる部分がまった…

  2. Juraさん、こんにちは!
    TBは、なんかシステムバージョンアップをしたら、本当に受信しにくい状態になってしまって、バグとしてMT側にフィードバックしてみました。
    なので、あんまり私のほうで対応できない状態なのです(T_T)
    TB保留とかになっていれば、こちらで公開の処理をすればいいだけなんですが、それ以前の問題で、スパムばっかり受信して、かんじんなものを受信できなくて、本当に困りました…orz
    せっかく送ってくださったのに、すいません(T_T)

  3. こんにちは?
    さくらさんおっしゃる様に
    「ここが超萌え」と言うところはあまり感じられない作品ではありますけれども私も、なんと言うかこの作品のかもし出す雰囲気というか、世界感みたいなものが好きです。
    一番面白かったのは一番最初のだったかなとも思いますけどね(笑)
    感想を書いたのでTBさせていただこうと思ったのですがなぜだか出来ませんでした。
    とりあえずコメントのみで失礼しますvv
    ではでは?

  4. [BLS]星の秘密

    剛しいら&巴里(フロンティアワークス・ダリア文庫) "月の秘密"?"夜の秘密"と続いていたシリーズの最新作と言うか…

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*