腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

榎田尤利「執事の特権」

| 9 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 榎田尤利「執事の特権」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
榎田尤利「執事の特権」腐女子のオタク感想文+

シャイノベルズ榎田尤利さんの「執事の特権icon」です。イラストは佐々木久美子さんです。
榎田尤利「執事の特権」icon
【 あらすじ 】
ご主人様、一年三百六十五日二十四時間、
私はあなたのそばでお仕えします!?

「この仕事に必要なものは忍耐と経験、幅広い知識、そして寛容と自己犠牲です」
業界大手の乃木坂製薬の営業職の面接に出向いた仁は、なぜか27人目の特別秘書候補として、執事である富益の執事教育を受けながら、乃木坂製薬経営企画室本部別室室長であり、創始者の孫である乙矢の住む屋敷で暮らすことになっていた。
眠っているときの乙矢は美貌の貴公子さながらだが、現実は人に影を踏まれるのも嫌いな潔癖性で人間嫌いで毒舌家でわがままでひとりよがりで神経質な男で、仁はまるでバイ菌扱いを受けるはめに!
バトラー・ラブ登場。
■榎田尤利「執事の特権」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス 中央書店コミコミスタジオ セブンアンドワイicon
■関連サイト
榎田尤利さんホームページ「nude mouse」

http://kt.sakura.ne.jp/~eda/

佐々木久美子さんホームページ「SSKMK」

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/sskmk/


【 感想 】
執事×旦那様です。
夢の組み合わせ?です(>_<)
仁(しのぶ)は、製薬会社大手の営業職を志望し、面接までこぎつけたが、何故か秘書候補として仮採用されてしまう。
執事兼秘書業務を行う上司は、乃木坂製薬経営企画室本部別室室長の乙矢だった。
仕事は、仁を面接した富益という執事から教わっていたが、この上司・乙矢は我侭で毒舌家、人間嫌いに超潔癖症……そして美貌の男だった。
乙矢の前では必ず手袋をしなければならないなど、不思議なルールがある中で、仁は神経質な乙矢に振り回されてばかりで……というところから始まるお話です。

── 執事──
1 貴族・富豪などの大家にあって、家事を監督する職。また、その人。
2 院の庁の長官。執事の別当。
3 キリスト教で、主教・司祭に次ぐ第三の聖職位。
4 貴人などへの手紙の宛名の脇付けに用いる語。
※大辞林より

この響きは腐女子にとっては……いえ、乙女にとっても、非常に魅力的な単語ですね(笑)
かくいう私も、好きな著者ではありますが、購入の決め手はタイトルです(笑)
「私に触れたら殺す」
初対面なのに、衝撃的な台詞から始まる一言……
しかも、この旦那様、超子供っぽい…!!
私には上品なコメディのようにかんじました(笑)
挿絵も激しくなかったので、電車の中で読んでいましたが……プッと笑うところでした。
BLを電車で読んで笑う腐女子……かなり終わっているような気が…… orz
乙矢は極度の潔癖症で、でもそれには小さい頃に母親から言われ続けた一言が原因となっていた。
小さい子供にとって親というのは、非常に大きな存在です。
しかも、自分を無条件に愛してくれるだろう母親からの言葉は、小さい子にとってとても大きな意味を持ってくると思います。
それがきっかけで自分を汚いと思い込む乙矢……精神的なものばかりは本当に難しい。
でも、それを秘書兼執事候補の仁が、一生懸命心をほぐしていき、触れられなかった身体に触れるようになるのは、すごいと思いました。
……というか、あの状態では二人が初エッチをするまでに至らないんじゃ……と思いましたが……何気にちゃんとやっていて……正直ちょっとびっくりしました(笑)
というか、いちいちお伺いを立てる仁がおかしくてたまりません(笑)。
(たぶん一般的には感動するところかも……)
でも、やはり手袋は取れないんですね。
この手袋が取れる日はくるんでしょうか。
最後にちょろっと取れるとよかったですが、何年も手袋を取れない生活をしていた乙矢には、とても進歩のあることかもしれませんね。
面白かった度:★★★★☆

執事の特権
榎田 尤利 佐々木 久美子
大洋図書 (2006/01/26)

榎田尤利さん関連商品>>

佐々木久美子さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 榎田尤利「誓いは小さく囁くように」
  2. 榎田尤利「権力の花」
  3. 榎田尤利「無作法な紳士」
  4. 榎田尤利「弁護士は恋を自白する」
  5. 榎田尤利「ギャルソンの躾け方」
  6. 榎田尤利「歯科医の憂鬱」
  7. 榎田尤利「ゆっくり走ろう」
  8. [出版社]リーフ・雄飛破産手続き開始
  9. BL作家さんサイト紹介
  10. 2006年2月第一回目の購入履歴。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

9 Comments

  1. shiteさん、こんにちは!
    電車の中で読むという暴挙?は今年になって身につけた技です(笑)
    今までは恥ずかしくてちっとも読めませんでしたが、予め挿絵をチェックして、やばい絵が少ないのでしたら、電車で読めるようになりました。
    でも、座ってないと嫌(笑)
    背後が気になる…私もまだまだ未熟者です。
    ベテランさん?は、そんなの気にせず読んでますもんね?(笑)
    >あれって、天然なのかもしれない
    そうですよね。
    天然ですよね(笑)
    始めはそういうプレイ?かと思ったんですが……素で聞いてますもんね(笑)
    コメントありがとうございました♪

  2. 今晩ワ。(´▽`)ノさくらさん。
    >>BLを電車で読んで笑う腐女子……
    おぉ。電車の中で読んでらっしゃるのですね。挿絵とかにドキドキして落ち着いて読めないので中々出来ません。(笑)
    まだまだ、未熟者です。
    >>いちいちお伺いを立てる仁がおかしくてたまりません(笑)
    始めワザと、やってる(煽ってる)みたいに見えて、『コイツ中々助平だなぁ。(笑)』と感心?していたけど、あれって、天然なのかもしれないですね。。。助平執事。(←汚名。笑)
    TBさせて頂きました。ではでは。

  3. 執事の特権/榎田尤利/SHYNOVELS/(株)大洋図書

    二歳年上の三歳児と根競べ。
    いやね。もう夢のようですよ。ふふふ。(´∀`*)
    ■内容紹介■
    「この仕事に必要なものは忍耐と経験、幅広い知…

  4. あけみさん、こんばんは。
    書き忘れましたが、私も菜箸のシーンは好きですね(笑)
    仁以外に、主人の鼻を箸でつまもうとは思わないでしょう(笑)
    コメントありがとうございました★

  5. こんばんは。
    軽快なテンポの乙矢と仁の会話がツボでした。
    重くなりそうな設定も、コメディタッチで軽く読めましたよね。
    私は、菜箸のシーンが好きです。
    思わず笑っちゃいました。

  6. 執事の特権

    執事の特権榎田 尤利/作佐々木 久美子/イラスト大洋図書 2006-01-26by G-Tools↑復刊に向けて投票お願いします
    執事です、執事です、…

  7. リリカさん、こんにちは!
    いや、夢の競演かなと(笑)
    手袋、外れるとよかったですよね?!
    まあ、小さい頃からのトラウマだから、そう簡単に治るものでもないのかもしれませんね。
    コメントありがとうございました★

  8. こんにちは!
    >夢の組み合わせ
    ウケました。
    私は、ぜひ手袋をはずすところまで乙矢に進歩してほしかったです。
    仁ならできると思ったんだけどな。
    それだけが心残りです。
    でもずっと「命綱」だった手袋を、そうそうはずせるわけがないのかな(笑)
    TBさせていただきました。

  9. 執事の特権 榎田尤利

    執事萌えはないのですが、カバー裏のあらすじが気に入って即買い。
    執事の特権榎田 尤利著 / 佐々木 久美子イラスト大洋図書 (2006.1)オン…

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*