腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

義月粧子「琥珀色の誘惑」

| 8 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 義月粧子「琥珀色の誘惑」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
義月粧子「琥珀色の誘惑」腐女子のオタク感想文+

竹書房ラヴァーズ文庫義月粧子さんの「琥珀色の誘惑icon」です。イラストは奈良千春さんです。
義月粧子「琥珀色の誘惑」icon
【 あらすじ 】
夜の世界には、とけない恋の魔法がある…!
過去23年間、地味でずっと冴えない人生を送ってきた主人公の圭司は、会社をリストラされ、そのうえアパートが火事になって住む所も失ってしまった。頼る友人も行く所もなく、途方に暮れて酔いつぶれた圭司は、あるバーで目覚める。
そのバーの美形オーナーとクールなマスターに気に入られ、とりあえずバーでバイトをさせてもらえる事になったのだが、そこに来店する客は男性ばかり。そこは「男好きな男」が通うバーだったのだ!
ノーマルで彼女のいない歴23年の圭司は、見た事もないアダルトな世界に戸惑うが、店に訪れる上品で金持ちの男達には、なぜだかモテモテで…!!
■義月粧子「琥珀色の誘惑」詳細[↓]
bk1 アマゾン楽天ブックス 
 セブンアンドワイicon
■関連サイト
義月粧子さん、洸 さんのホームページ「祭り囃子編集部」

http://www1.odn.ne.jp/matsurib/

奈良千春さん私設ファンサイト「FAF」

http://faf.ifdef.jp/


【 感想 】
大変失礼ながら、今回の購入の動機は、イラストの奈良千春さん。
エロ美麗なイラストにはまっておりまして、ラヴァーズ文庫の冊子は毎回奈良千春さんがイラストだし……ということで、ラヴァーズ文庫は新刊が出るたびに一冊は購入しようかなと思っているレーベルなのです。
イラスト目的だったので、中身はそれほど期待してなかったのですが、意外に面白かった!
(本当失礼ですいません…!!)
23年生きてきて、本当にいいことがなかった圭司は、会社をリストラされ就職活動のためのハローワークから帰って来ると、住んでいたアパートが火事にあってしまい、家がなくなってしまった。
親しい友人もなく、頼れる人もいなくて途方にくれていたが、目が覚めるとバーにいた。
そこのバーはちょうど求人を出そうとしていたところで、とりあえずバイトとして雇ってもらうことになり、当面の生活もバーで寝泊りしていいということに。
そのバーを経営するオーナーも、マスターも美形で、お店に来客するのも男性ばかり。
そこは「男と恋愛したい男」が通うバーだった。
オーナーとマスターに気に入られた圭司は、オーナーの櫻崎に色々教えてもらうが、それはお店のことだけじゃなくて……というお話です。
人生がなんとかうまく回ってくると、何故か不幸なことがおこる圭司。
運も人生のうちなのでしょうが、あまりに理不尽なことはちょっと可哀想ですね。
オーナーの櫻崎は、始めはモサかった圭司を美容院に連れていき、服を与え(自分のブランドのサンプルだけど)、住むところも世話をして……というかんじですが、これが調教ものなのですね(笑)
かなり激しいものを想像していただけに、可愛い系の調教で安心しました(笑)
(激しいSM系の話はちょっと苦手で、てっきりそういう系かとばかり…(^^ゞ)
髪型を変えてから、バーでも人気があがる圭司ですが、そのあたりの成長?はちょっと可愛いかんじです♪
櫻崎は、遊び人かと思っていたのですが、それほどでもないみたいで、ちょっと好感が持てました。
中盤以降からの圭司の借金の話ですが……実際にうちの親戚も取り立てにあったことがあるらしく、まったく関係ないうちにまで電話がかかってきたことがあります。
真面目だからこそ、外堀を埋められると逃げ道もなくて、非常に怖いですね。
マスターが結構気に入っているのですが、これはマスターの話があるのでしょうか?
ちょっと気になります(笑)
どうでもいいのですが、ラヴァーズ文庫さんは、エロ重視なのでしょうか?(笑)
なんかあとがきを読んでいて、そんな印象を受けました。
エロの回数、濃さ?を重視なのかな??
(まあ、個人的には、内容も伴っていればそれでOKですけど)
今回、最後の終わり方がエロシーンのままというのがちょっと残念でした。
一応、最後は普通に終わるといいんですが…というのが、個人的な希望。
これもラヴァーズ文庫さんの方針?(笑)
まあ、結局、私は面白ければいいんですが(笑)
面白かった度:★★★★☆

琥珀色の誘惑
義月 粧子 奈良 千春
竹書房 (2006/01/25)

義月粧子さん関連商品>>

奈良千春さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 義月粧子「薔薇色の罠」
  2. 義月粧子「Back-of final 琥珀色の誘惑番外編」※同人誌
  3. テレビ東京「スキップ・ビート!」プレサイトオープン

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

8 Comments

  1. あけみさん、こんばんは!
    わたしも義月さん初挑戦の本でした。
    なんでだか、買ってなかったんですよねw
    >次はマスター編だそうです。
    まったく楽しみです!
    ドSだそうですので……どうなるのでしょうか(笑)

  2. こんばんは?、さくらさん。
    義月さんって、ホント最近読み始めた作家さんなんですよね。
    絵師さんが奈良さんって事で、発売当時も気にはなっていたけど、知らない作家さんだったからスルーしちゃったんですが、もったいないことをしました。
    次はマスター編だそうです。
    こっちも楽しみです!

  3. 凛さん、はじめまして!!
    奈良さんのイラスト、素敵ですよね?!!
    私的には結構よかったかなと思います★
    >これからも頑張ってください!
    ありがとうございます(>_<)
    現在ちょっと仕事に追われていてあまり読めていませんが、また更新していきます!
    こちらこそどうぞ宜しくお願いします♪

  4. はじめまして。私も奈良さんの絵が凄い好きです!美麗ですよね。
    この本は、読んだことがないので、ぜひ読んでみたいです。
    いつも、感想楽しく見てます。
    これからも頑張ってください!

  5. [BLS]琥珀色の誘惑

    義月粧子&奈良千春(竹書房ラヴァーズ文庫) 今回も勿論お目当ては奈良千春さんのイラストだったわけですが、これが予想以上に楽しめました。元々、義月先生の作品…

  6. あすたさん、こんにちは!
    >義月さんは、最近なんとなく避けてましたが
    そうなんですよ…
    私も何となく避けていたんですが、今回イラスト買いしてしまいました(笑)
    期待してなくて読んだのですが、思ったより楽しめました。
    さらにイラストも素晴らしかったですね!!
    コメント、TBありがとうございました!
    お返しTBさせて頂きます♪

  7. 琥珀色の誘惑

    ラヴァーズ文庫、やりますね。
    このシリーズ名が恥ずかしいとか、以前私、言ってたんですけど、今回それどころか、表紙から口絵から挿絵から、すべて恥ずかしかっ…

  8. こんばんわ。
    同じ本の感想を書いてたので、TBさせてくださいね。
    義月さんは、最近なんとなく避けてましたが、私もイラストに惹かれて買ってみたら、思ったより面白かったです。
    そして、イラストは期待以上の出来でした。
    マスターのお話、読みたいですね。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*