腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

中原一也「灼けつくほどに抱かれたい」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中原一也「灼けつくほどに抱かれたい」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中原一也「灼けつくほどに抱かれたい」腐女子のオタク感想文+

アズノベルズ中原一也さんの「灼けつくほどに抱かれたいicon」です。イラストは藤咲なおみさんです。
中原一也「灼けつくほどに抱かれたい」icon【 あらすじ 】
こんな躰で、女が抱けるか!
白熱の太陽が眩しい南の島への社員旅行──上司のお供で桂木が訪れた先は実弾射撃場だ。
まだ若い日本人オーナー…引き締まった体躯、猛々しい野生に生きる獣めいた匂いを放つ、その男…柴田との強烈な出会い。
そして、射撃場で起きた一つの事件が引き金となって、桂木は柴田から屈辱的で、底なしの愉悦に満ちた一夜をもたらされることに…。
しかし、皮肉な運命の悪戯は二人を弄び…。
ハードラブ書き下ろし!
■中原一也「灼けつくほどに抱かれたい」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス セブンアンドワイicon


【 感想 】
射撃場のオーナー×サラリーマンです。
すいません…一人でもうあらすじを見て大爆笑しておりました(笑)。
ちょっとツボに入ってしまって…すごいあらすじですね(笑)。
中原一也さんは、私の中では結構気に入っている作家さんの一人だったので、とりあえずヤフオクで購入してみました。
(↑気に入ったならちゃんと買え!ってかんじですが…
 ※新刊はちゃんと買ってます!!笑)
社員旅行にハワイに行った桂木は、そこで上司の井上に連れられて実弾の射撃練習場に連れて行かれた。
射撃は縁日だけしかやったことのない桂木は、フォームだけは立派だが、まったく的に当たらない。
オーナーで野生美溢れる柴田に付きっ切りで手ほどきを受けるが、ちっとも上達しなかった。
桂木をからかうことで意気投合した上司の井上と柴田は、桂木を連れてロックバーで飲みだした。
そして、その次の日、偶然柴田を再会した桂木は、柴田に娘がいたことを知る。
射撃場である事件が起こり、落ち込んでいるだろう柴田を慰めようと自宅を訪れたが、そのまま抱かれてしまう。
喧嘩別れの状態になり、すれ違ったまま、日本へ帰国。
もう会うこともないだろうと思っていたが、柴田から連絡を貰い、直接会うことになる。
そこで告白される桂木だったが……というお話です。
お互い違った魅力のあるワイルドな柴田と真面目な桂木ですが、タイミングが悪くてすれ違いで桂木が帰国。
桂木は、自分を追いかけてこなかったことでがっかりするわけですが、そんなところが乙女なかんじでした(笑)。
そして柴田は追いかけてくるわけですが、突然の愛の告白はぶっとびました。
もうそんなところまで想いが育って……! と(笑)。
いや、愛には段階があるんじゃないかと思ったりするわけなので(笑)。
井上と柴田……不良のような男二人に遊ばれる好青年の桂木…(笑)。
哀れでおかしかったです(笑)。
そして、井上の「自分の娘を桂木の嫁にしたいぜ」計画は見事遂行されるのかも、お話の焦点になってきます。
桂木と付き合いたい柴田と、自分の婿に欲しい井上の水面下の対決。
しかし、対決は意外?なところで横槍が入ります(笑)。
対決されてることすら知らない桂木が哀れなのか面白いのかなんだかわからないかんじとなってしまいましたが、どうも自分の妄想がおかしなことになってしまって、個人的には笑いのツボが満載な一冊で、素直に萌えられませんでした(笑)。
いい大人たちがもじもじしている?様は、なんだか笑いを誘いました。
私、一度笑いのツボに入ると、もう真面目に読めなくなってしまうんですよ…(^^ゞ
面白かった度:★★★☆☆

灼けつくほどに抱かれたい
中原 一也
イーストプレス (2003/01)
売り上げランキング: 318,859

中原一也さん関連商品>>

藤咲なおみさん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 中原一也「罪喰い」
  2. 中原一也「罪に濡れる夜に」
  3. 中原一也「極道はスーツがお好き」
  4. 中原一也「欲望の犬」
  5. 中原一也「覗く瞳、濡れる心」
  6. 中原一也「愛してないと云ってくれ」
  7. 中原一也「心に手錠、唇にはくちづけを」
  8. 中原一也「AKUDAMANDER VS WHITEJACK」※小冊子
  9. 中原一也「坂下先生危機一髪」※同人誌
  10. 中原一也「Fカップのマリア」※同人誌
  11. 中原一也「仕立屋も極道がお好き」※同人誌
  12. 中原一也「愛しているにもほどがある」全プレ申込締切間近!

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*