腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

高岡ミズミ「この男からは取り立て禁止!」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高岡ミズミ「この男からは取り立て禁止!」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
高岡ミズミ「この男からは取り立て禁止!」腐女子のオタク感想文+

キャラ文庫高岡ミズミさんの「この男からは取り立て禁止!icon」です。イラストは桜城ややさんです。
高岡ミズミ「この男からは取り立て禁止!」icon【 あらすじ 】
ローン回収先で憧れの同級生と再会!?
スリリングLOVEv

「どうしておまえがこんな所にいるんだ!?」 
ローン会社に勤める水野谷(みずのや)が債権回収先で会ったのは、高校時代、プリンスと称されていた男──密かに憧れていた村瀬(むらせ)だった!! 
甘い美貌と憎めない笑顔で、借金なんて似合わないエリートが、なぜのぞき部屋の店番に? 
しかも水野谷の催促を悠然と受け流すと、「君に会えるとは思わなかったよ」と迫ってきて!? 
笑顔がクセもの&スリリングラブ。
■高岡ミズミ「この男からは取り立て禁止!」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス 中央書店コミコミスタジオ セブンアンドワイicon TSUTAYA ONLINEicon


【 感想 】
のぞき屋?×町金屋です。
町の金融屋に勤める水野谷は、回収率の高いということで社内でも評価を受けていた。
自分の担当先の債権の回収が終わったところで、社長から先輩が回収に失敗したという連絡を受け、その先輩が担当だった会社に行くと、そこはのぞき屋だった。
今回も回収する気満々だった水野谷だったが、そこで「のぞき屋」の看板を持っていたのは、高校時代に憧れていて、淡い恋心を抱いたこともあった村瀬だった。
スポーツ万能で女子にも人気があり、プリンスというあだ名がつくほど格好いい村瀬が何故のぞき屋で!?
突然の村瀬の出現に動揺してしまい、債権を回収することを失敗してしまった水野谷。
その後も回収に向かうが、村瀬独特の憎めない困ったような顔をされると、強くも言えず回収の仕事をしているものとしては失格だったが、何故か村瀬のほうから色々自分に接触してくる。
村瀬といるとやはり平常心を保てない水野谷は、なんとか避けようと思うのだが……というところから始まるお話です。
あんまり表紙とか最初にじっくりと見ないと読む派です。
そのせいで、今回受け攻めを間違えて認識して読んでいたので、途中から雲行き?が怪しくなってきて ??? と思っていたら、あたしが攻めかと思っていた水野谷が受けで、びびりました (゜ロ゜;
なんか、最初読んでいると雰囲気が……村瀬が攻めって気がしないのです。
村瀬は、同僚の萩原に言わせると強かで計算高い男──とのことだったので、水野谷を狙ってるところがもっと描写されると、腹黒さ?が伝わって面白かったのではないかと思います。
この状態だと、個人的に微妙に消化不良でした。
萩原に会ったとき、村瀬に手を出すなと釘を刺された水野谷でしたが、いつの間にか萩原のターゲットは村瀬から水野谷に変わっていて、そこにまったく気付かない水野谷が鈍感でたまりませんでしたw
個人的には、なんだかつかみ所がわかんない村瀬より、萩原が襲ってるほうがわかりやすく、楽しめましたw
萩原のほうが、ストレートでわかりやすかったですね。
村瀬は……キれたときのほうがいい味出していたと思います。
もっとキれてもよかったんでは?w
村瀬は、水野谷の前では猫を被っているようですが、それが剥がれたほうが面白いのではないかと勝手に思っています。
遠藤君がヤクザに襲われてる?ほうが面白そう(それだと話が変わっちゃうけどw)
あと、なんだか微妙にタイトルが合ってない気がします(^^ゞ
取り立てるのは水野谷で村瀬じゃないし……
村瀬は、厳密にはのぞき屋じゃないし………
面白かった度:★★★☆☆

この男からは取り立て禁止!
高岡 ミズミ 桜城 やや
徳間書店 (2006/06/27)

高岡ミズミさん関連商品>>

桜城ややさん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 高岡ミズミ「天使の啼く夜」
  2. 2007年の年始スタートのアニメをチェック☆
  3. 2006年6月第二回目の購入履歴。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*