腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

ふゆの仁子「蜜約はスーツを脱いで」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ふゆの仁子「蜜約はスーツを脱いで」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ふゆの仁子「蜜約はスーツを脱いで」腐女子のオタク感想文+

竹書房ラヴァーズ文庫ふゆの仁子さんの「蜜約はスーツを脱いでicon」です。イラストは奈良千春さんです。
ふゆの仁子「蜜約はスーツを脱いで」icon【 あらすじ 】
私と君の密約をあの男に暴かれたくなければ、
ここにひざまずけ…!

ふたりの出会った思い出の地、ラスベガス。遊佐はそこで恋人のヨシュアと共に甘い蜜月を過ごしていた。半年前、遊佐とヨシュアは、カジノでお互いの人生を賭けた勝負をした。勝負に負けた遊佐は、ヨシュアの会社に採用され、その心も長い時間をかけて口説きおとされたのだ。
しかし、再び訪れたカジノで、金髪の美しい男に新たな賭けを持ち掛けられてから、遊佐の運命は変わり始める…。
「お金ではなく、お互いの最も大切なモノを賭けないか?」
男との駆け引きは、ただのカジノゲームではなかった。
愛するヨシュアと、ふたりの大切な会社ウェルネスを守るため、遊佐は男と密約を結ぶ―。
■ふゆの仁子「蜜約はスーツを脱いで」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス 中央書店コミコミスタジオ セブンアンドワイicon TSUTAYA ONLINEicon
■関連商品
ふゆの仁子「駆け引きはベッドの上で」 → 感想を読む?
ふゆの仁子「龍を飼う男」 → 感想を読む?


【 感想 】
「駆け引きはベッドの上で」のその後のお話です。
最高執行責任者(COO)×社員です。
半年前出会ったラスベガスで、遊佐とヨシュアはカジノでラブラブ中だったが、そこにヨシュアが仕事の関係で、遊佐の傍を離れた。
その隙をつくようにやってきた男は、金髪の美しい男で、遊佐の連れが戻るまで賭けをしようと誘われる。
5回勝負のルーレットでとなったが、途中からその男が「お金ではなく、お互いの最も大切なモノを賭けないか?」と言い出し、例えばとして『命』といった。
それは賭けられないと遊佐は答え、最後のルーレットを回したところで、用事が出来たといって、その金髪の男は去っていってしまう。
ルーレットの結果は、遊佐の勝ちだった。
そこに、席を外していたヨシュアが戻ってくる。
「自分以外の他の男とルーレットは浮気」というヨシュアと甘い夜を過ごし、そしてお守りにとヨシュアがいつも見につけているクロスを渡されて、遊佐は日本に戻った。
遊佐が務めるウェルネスに、日本でスーパーマーケットのシェアを大栄堂と二分するグランデから、提携の話が舞い込んでくる。
しかし、其の場に居合わせたファイナンシャルアドバイザー(FA)は、あの晩、ラスベガスのカジノでルーレットの5回勝負をしている最中にいなくなった男だった……というお話です。
簡単に言うと、話し合い不足によるすれ違いが大事になってしまったというお話です。
しかも遊佐とヨシュアは、ただ人の恋愛に巻き込まれただけ……という、
簡単に言ってしまえば、そんなお話でしたw
FAとして登場した金髪の男・リシャールという男は、どうも有色人種を蔑視する傾向がある男だった。
遊佐は、何故かその男にグランデとの提携に関する交渉に名指しされる。
そして、どうも相手は遊佐を知っているようだった……。
帰社した遊佐はグランデとの状況を聞かれ、腹の探り合いと答えたが、相手はどうも自分を知っているようだったと言い、そのときのことを話すと、同僚のティエンは何かを知っているようなそぶりを見せたが、口を割らなかった。
それから、遊佐はリシャールに一人で呼び出され、バーで酒を飲んだあとに部屋についていってしまい、そこでまんまを襲われてしまいます……
そのときに首からかけていたクロスを見て、一人?驚くリシャールのおかげで、貞操が守られたのですが……といったかんじで、このクロスの出所がキーポイントとなってきます。
話の展開としては、個人的な観点からすると、前回の「駆け引きはベッドの上で」のほうが面白かったな……という思いはあります。
エロいところとかが重要な方は前作同様?なので、問題ないかと思われます(笑)。
相変わらずな二人でした。
距離は離れてしても、電話があるから大丈夫?です(笑)。
個人的に消化不良っぽいとかんじたことは、ちと前回よりも話が派手になりすぎて、仕事の話があんまり記述されてなかったからかもしれません。
結局グランデとの交渉は、途中のまま終わってしまいましたし……
まあ、人それぞれだと思いますが、あたしの気になったところはそんなかんじです。
それでも、ちゃんと面白いと思いました (*´∇`*)
(日本語おかしいですね……w)
そのかわり、ラブ度が増していますw
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
発売日にきちんと買っていたにも関わらず、こんなに長い間感想がかけなかったのは、面白い場面だけ先に読んじゃったからです(^^ゞ
イラストが好きな作家さんの本にありがちなんですが、積荷減らしが待ちきれずに先に挿絵をチラ見するんですが(自業自得w)、その絵が気になって周囲を読んでしまう……ということをやってしまったがために、新鮮な気持ちになるのに、こんなに時間がかかってしまいまして…(^^ゞ
イラストのチラ見、やめようと思うんですが……どうしても奈良さんのイラストは我慢できませんねw
あたしは、ちらっと本性が見えたティエンにラブです!!!!
普段の猫被りも好きですけどねぇ??(喜)
面白かった度:★★★★☆

蜜約はスーツを脱いで
ふゆの 仁子 奈良 千春
竹書房
売り上げランキング: 4321
おすすめ度の平均: 5.0

5 甘さが増した

ふゆの仁子さん関連商品>>

奈良千春さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. ふゆの仁子「駆け引きはベッドの上で」
  2. ふゆの仁子「龍を飼う男」
  3. ふゆの仁子「龍の後継者」
  4. ふゆの仁子「朝比奈弁護士の昼下がりの情事」
  5. ふゆの仁子「愛しかいらねえよ。」
  6. ふゆの仁子「恋愛方程式の解法」
  7. 結局無理だった
  8. 2006年12月のアクセス解析結果☆
  9. ふゆの 仁子「100万$の男」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*