腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

井ノ本リカ子「BABY BITCH!」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 井ノ本リカ子「BABY BITCH!」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
井ノ本リカ子「BABY BITCH!」腐女子のオタク感想文+

ダイヤモンドコミックス井ノ本リカ子さんの「BABY BITCH!icon」です。

BABY BITCH! (ダイヤモンドコミックス)【 あらすじ 】
犯せ
繊細、且つ豊饒。
艶っぽく端麗な線、瑞々しい空間。
センシティブ&エロティシズムBOYS LOVE。
井ノ本リカ子、再び!

■井ノ本リカ子「BABY BITCH!」詳細[↓]
 アマゾン 楽天ブックス 中央書店コミコミスタジオ セブンアンドワイicon

井ノ本リカ子「BABY BITCH! (ダイヤモンドコミックス)」詳細はこちら


【 感想 】

つーか、全体的にエロすぎますっ!

エロいものを求める人向けかと思われます。

つーか、帯のキャッチコピーの「犯せ」もびびりましたw

愛があるのかないのか、想像の仕方によってはわかれる内容もありますので、愛がなければ絶対に駄目だという人にはお勧めできない作家さんです。
「BODY TALK」よりも色々な面で上達されたなぁと思いました。

井ノ本リカ子さんと魂の双子だとかいうBENNY′Sさんも気になっていますが……
怖いもの見たさというか……どうなんでしょ?

カラーピンナップは4Pありましたが、最後の「ヤバイって」のカラーが某作品を彷彿とさせて好みでした♪

□OH MY BITCH!#1~3

友人にお金を貸していたが、その形としてやってきた青年とヤリまくる話。
途中で愛が見えそうになるんですが、そのやってきた青年はお金を貸してる友達となんらかの繋がりがあるわけで、自分を好きになるわけがないということに気付いてからは、更にエロ度アップ!

青姦プレイがすごすぎました…

宅急便もびっくりしました。
あたし的にびっくり箱のようなお話でしたw

□father

神父様が教会にやってくる男たちに犯されまくってる話。
エロ度的には非常に高いお話ですが、愛はありません。
殺伐気味です。

しかし、神父様に淡い想いを寄せている少年がいて、神父様を助けるために少年は罪を犯してしまいます。
色々な意味で、二重に犯されているループなお話かなと。

□ただいまダーリン

付き合ってる二人の何気ない日常のお話。
内容的にこれが一番ラブラブだったと思います。
愛があったもん(笑)。
でもエロいけどw

□ヤバイって

肉体労働のバイトを始めた攻めが、バイト先の近所のマンションに住む顔だけ知っている男の家に行って、暑さをやりすごしているうちに、何故か身体の関係が……というお話。

お金持ちのお坊ちゃまらしい受けは、こいつなんでやってくるんだろうとか思いながら、攻めを毎日家に入れてあげるんです。
だけど、ある夏の暑い日にクーラーが壊れてしまう。
受けの子は涼しいところに逃げないで、攻めが来たときにすれ違うと悪いからと待っているんですが、そこで攻めがムードを作っていただいてしまうという展開です。

総合的に一番好きなお話かなと思います♪
いつの間にか相思相愛っぽい関係が好みでした★

□さよなら恋人

付き合ってた二人が別れる前提で最後の思い出として抱き合うお話。
設定が学校の屋上なんで切ない系のお話なんですが……

エロい!!

最初、二人は思い出話なんかしてて、

あれ? これは普通かな?

と思ったら、そんなことはなかった(笑)

しっかりとエロく終わりました。

総合的な感想としては、エロと切ない系の微妙な融合のコミックスかなと思います。
今回の「面白かった度」の星の数は、もちろんエロ度ですw

面白かった度:★★★★★

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 井ノ本リカ子「BODY TALK」
  2. 2007年5月のアクセス解析結果☆
  3. 2007年4月のアクセス解析結果☆
  4. 2007年3月のアクセス解析結果☆
  5. 2006年12月第一回目の購入履歴。
  6. 小説ショコラ8月号増刊「ReRosa(レ・ローザ)」
  7. 高見沢俊彦「Berlin Calling」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*