腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

小笠原宇紀「BLACK SUN奴隷王」

| 16 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小笠原宇紀「BLACK SUN奴隷王」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
小笠原宇紀「BLACK SUN奴隷王」腐女子のオタク感想文+

ミリオンコミックス小笠原宇紀さんの「BLACK SUN奴隷王icon」です。

BLACK SUN奴隷王 (ミリオンコミックス)
【 あらすじ 】
敗者は殺されるか…奴隷になるか──
聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナールは仲間の命を救うため、帝国軍の常勝将軍ジェマル・ジャンに囚われの身となった。
清貧・貞潔・祈りをモットーとする修道騎士でありながら、昼夜をとわずジェマルに抱かれるレオナール。
奴隷の身から将軍にまで昇りつめた男、ジェマル。
敵同士でありながら、互いに惹かれるふたりだったが!?

小笠原宇紀「BLACK SUN奴隷王 (ミリオンコミックス)」 詳細はこちら



【 感想 】

元奴隷の将軍×現奴隷の司令官です。

聖地へと続く巡礼ルートを巡り、攻防が繰り広げられていた。
清貧・貞潔・祈りをモットーとする修道騎士になるきっかけになった上官・フランシス・ド・ラトゥール卿が他の要塞襲撃の情報を得たとかで、副指令官だったレオナールに代わりの司令官を務めるように告げてから一ヶ月も経たない間に、帝国軍でも有名な常勝将軍・ジェマル率いる隊になす術もなく皆殺しにされようとしていた。
レオナールは、自分の隊には若い修道騎士が多いことから、王子でもある自分と引き換えに他の騎士を見逃すようにジェマルに交渉した。
ジェマルは帝国軍の兵士たちの前でレオナールを犯し、約束通りに他の騎士へは手を出さずに、レオナールを国へと連れて帰った。
惹かれあう二人だが、ジェマルはレオナールを自分の屋敷へ連れ帰ったことで、捕虜を私物化していると騒ぎになるが・・・・・・というお話です。

まず、萌えなところを語らなければなりません!!

変態かと思われたら申し訳ございません!
なんというか、トータル的に萌えております(笑)。

1.初っ端の「股を開き、両膝を抱えて『犯してください』と言うんだ」と、その意趣返し

初っ端からすごいですよ!!
びっくりですぜ!!
レオナールの脱ぎ途中のズボンの縫い目まで描かれてるところがナイス!
(そんなところチェックしてるあたしは変態かもしれませんが・・・・・・w)

特に突っ込みをいれたいのは、レオナールがジェマルに同じことを要求するんですが、何故か下半身丸出しなことに気付かないところがナイスです!!
矢印できちんと教えてくださり、素敵です!(←そんなシーンが好きなあたしが変態か?)
しかもジェマルは恥ずかしげもなく

「夢と浪漫を持って何度でも言うぞ」

と、どうやら浪漫まであるらしく、いいかんじです!w

2.飾ってみたかっただけの2種類w

どーでもいいところを選んですいませんw
だって、確かに可愛いもんね(笑)

つーか、レオナールには可愛い服着せてるよね~ジェマルはさ。
ちょこちょこリボンついてたりとかw

ついでにメイスを触っていたレオナールが、何故か勝手に手がいちゃつくジェマルとイザークに向かって投げつけちゃってるのとかもナイス!

あと、ジェマルの副官・イザークまでリボンされて喜んでるところ♪

3.ジェマルとレオナールの1対1の手合わせ

これも萌えだよね~
なんかいちゃついてる風にしか見えませんw
そして、レオナールのジェマルに対するイメージが素っ裸しかないあたり付近も♪

4.ジェマルの謁見シーン全般と、捕虜私物化の罰

なんか、ジェマルのようにBL的には外見がアラブの王様といってもおかしくないような男がですね、膝を折っているのがいいんです!!
そして、ヘナチョコ鞭にあたってターバンが取れるところも好き♪
ジェマルがヘナチョコ鞭で打たれてるところと、何故か罰を受けてるはずなのに奉仕されてるところもいいわ~(#^.^#)
しょうもないニコライデス・・・・・・w
鞭打ちの刑を実行してるほうが興奮してたら駄目じゃんね~(笑)

5.引き回しの刑

裸馬に折れた槍を持たされて、引き回されるわけです。
軍人的には屈辱な刑なんですが、何故か格好いいんですよ!!

これは純粋に萌え!!

陛下に直訴をした人もいいかんじでしたが、その背景のジェマル戦闘シーンがかっちょいいのなんの!!
また、「奴隷」を「愛人」と言い直すあたりも愛をかんじますw

6.レオナールのために刑を受けてるのを言わないところ

レオナールを愛人として屋敷に連れ帰ったために受けている鞭打ちの刑と引き回しの刑ですが、そのことを一言も本人には言わずに隠そうとするところがイイ!!(p≧∀≦q)

なんだか汚いことばっかりやってるみたいな上官・ラトゥールがレオナールに暴言を吐いたために殴り飛ばしたり、いちいち愛を感じるところがいいわ~ (*´ω`*)

更に刑を終え、レオナールを連れて行かれて失意のジェマルの床を守るイザーク!
失意から決意へと変わるジェマルの意識なんかがとてもいいかんじでした★

ハァハァw

萌えだった(笑)。

つーかジェマルは絶倫すぎるのではないかと・・・・・・w

表紙が画像で見ていただけでもウキウキしていたんですが、Amazonからやってきたコミックスは帯が切れていましたorz
帯が1cmほど切れていたので交換してしまいました。
(↑気にしすぎ?w)

でも、交換してもらってよかった。
面白かったので、きっと手放さないと思いますからね~

あたしはいつも小笠原宇紀さんの著作を読んで思うのですが、一度はまると抜け出せない作家さんの一人かなと思います。

絵は美しいし♪

なんかエロがすごいんですが、慣れてくるとこれが展開的に普通なんですよねぇ・・・

なんでだろう・・・・・・この方の描かれるエロは、あたし的には本当普通に話に溶け込んでてねぇw
他の作家さんのストーリーでこんなことしたら浮気だろうと思うシーンもあるんですが・・・・・・何故かそうとは取れないんですよね・・・不思議だわ・・・・・・。
禁断の想いとか、禁忌とかそういう葛藤する作品も大好物ですが、こうやってエチシーンも込みで普通の人間を描いているみたいなところが大好きです♪
まあ、しかし、受け入れられない人もいるかと思いますけどね(^^ゞ

しかし、萌えだった!

素敵すぎるよ!! 小笠原宇紀さん!!!(〃∇〃)

背表紙に「1巻」の記載がなくて不安になりました・・・・・・
これ、中途半端なところで終わってるんですよね・・・・・・

予告に「新章へ」とあったので、ほっとしました(^^;)

続きを待ち望んでおります……
マジで読みたい……
どうかどうか、早めに発行してください orz

というわけで、あたしにはものすんごいご満悦な一冊でした。

萌えをありがとう、小笠原宇紀さん!(〃∇〃)

面白かった度:★★★★★

小笠原宇紀さん関連商品>>

[TB先]
ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと
水中雑草園

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 小笠原宇紀「Personal Notes」※同人誌
  2. 小笠原宇紀「裏刀神記」第1巻
  3. 小笠原宇紀「裏刀神記」第2巻
  4. 小笠原宇紀「Nightmare Fortress~魔神の城塞~」
  5. 小笠原宇紀「トライアル・イン・ベルナー」※同人誌
  6. 小笠原宇紀「トライアル・イン・ベルナー完結編」※同人誌
  7. 小笠原宇紀「熱情のヴィルトゥオーソ」
  8. Amazonで間違え購入の返品の巻
  9. 男性の同性愛が「好き」 「腐女子」が増殖中!!?
  10. BL(ボーイズラブ)成分解析
  11. 2007年4月のアクセス解析結果☆
  12. まだあがいてます。
  13. 2007年4月第三回目の購入履歴。
  14. 2006年12月のアクセス解析結果☆
  15. J庭のカタログが届いたわ★

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

16 Comments

  1. ハスイさん、こんばんは!
    本当にお手数をおかけしました!
    >文字コードを変更して連続で送信にトライをしたので、重複したTBが届いてしまったかもしれませんね。(汗)
    TBは結局1通届いただけでした orz
    もう、初っ端からご迷惑をおかけしてすいません!
    ちなみにうちの文字コードはutf-8というちょっと変な文字コードなので、文字化けしてもしょうがないです(^^;)
    なんどもトライくださって、ありがとうございました!!

  2. さくらさん、こんばんは!
    文字コードを変更して連続で送信にトライをしたので、重複したTBが届いてしまったかもしれませんね。(汗)
    お手数をお掛けしましたが、TBをお送りする事が出来て嬉しいです。ご丁寧に確認のコメントを下さってありがとうございました!
    ではではまた!

  3. BLACK SUN 奴隷王

    【内容紹介】『お前一人が先に天国行きだ』敗者は殺されるか…。奴隷になるか…。神に身を捧げる修道騎士レオナール。快楽を好む、大胆不敵な常勝将軍ジェマル。敵として出逢った二人だが!?

  4. こんばんは、空さん!
    仕事がGW進行で死にそうなさくらです★
    また空さんと小笠原さんが語れて嬉しいです!!!!
    >リボンのシーンと、レオナールの服はジェマルが選んだのかしら♪
    そうなんですよ!!
    やっぱ飾ってみたくて可愛い系にしたのでしょうか!
    萌えです、ジェマルーー!!
    >レオナールの縫い目チェック、着眼点が一緒ですねv
    そうそう!
    何度目かの読書で縫い目まで描かれている!と感動しました!
    矢印表記が楽しいです♪
    >直してないコマを探す方が大変
    ええええぇぇぇ! そうなんですか!
    あたしもチェックしてぇ!!!!!!
    更に惚れますよ!!(興奮)
    今度どこかで続きを描かれたときは、ぜひ雑誌等も買いたいと思います。
    この方のはコミックスを待っていられない!!!!
    >こちらもお願いしたいのですが…TBが入ってないような(汗)
    大丈夫です!
    ちょっと文字化けしましたが入りましたので、保留になっていただけでしたので、文字化けを手動で修正しました!
    ああ?受信できてよかったぁ?!!!(喜)

  5. こんばんは、ハスイさん!
    こちらではお初です!
    お越しくださり、ありがとうございます♪
    >「悶え萌えすぎる」と言う辺りに、腐女子としての萌えの真髄に触れた気がして感動しました。(笑)
    ありがとうございます!
    お褒めに預かり、恐悦至極に存じます!!(笑)
    萌え死にと書こうと思ったんですが、まだ生きていたので「悶え萌え」にさせて頂きました(笑)
    その他、造語としまして「萌え燃え」という表現をしてみました。
    萌えが大量発生して大変なときに使おうと思いまして、今回使っておりますw
    小笠原さんは一コマ一コマに遊びのコマがなくって、しっかり描かれているせいか、一見すると苦手という方が多い気がしますが、その一コマの細部まで予断を許さない描写に惚れました!
    意外なところで遊ばれてるんですよね?w
    >何度やっても上手く送信できませんでした(汗)
    ああ……なんと!お手間を取らせてしまって恐縮ですorz
    一応、記事にリンクを張ることで対応させて頂きました。
    TBが受信できなくなってサーバー移転したばっかりなんですが……orz

  6. ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは?
    お初です?★
    もう、はまりにはまっておりますっ!
    なんか意外?に小笠原さんを始めて読んだ方々が多くてびっくりです!
    あたし的にはすんばらしい作家さんだと思っています(喜)!
    >モバイラーなので上手くいくかわかりませんがこちらからもTBさせていただきますね♪
    モバイラーってことは携帯から!?
    すごいーー!
    ……というか、せっかく送ってくださったのに、受信できずに恐縮です!
    一応記事にリンク貼らせて頂きました orz

  7. こんにちはー。
    また、さくらさんと小笠原さんのお話が出来て嬉しいです♪
    ジェマルの総攻め漫画ですよねーw
    リボンのシーンと、レオナールの服はジェマルが選んだのかしら♪って見るたび萌えますねv
    レオナールの縫い目チェック、着眼点が一緒ですねv 細かいですよね?。
    矢印で教えて下さって大変親切な作家さんで(笑)股間だったり、ニコたんのガッツポーズだったりv
    すごく気になってたことがあって、どの程度コミックスを出される時に直されるのか…というどうでもいいことなのかもしれませんが、チェックしました(^^;)
    もうね直してないコマを探す方が大変、という状態ですよ!ほんの少しでも違ったりします。
    さらに小笠原さんに惚れましたね!(←迷惑だからw)
    TBありがとうございました。
    こちらもお願いしたいのですが…TBが入ってないような(汗)
    またトライします!

  8. BLACK SUN 奴隷王

    BLACK SUN 奴隷王内容紹介:転載「お前一人が先に天国行きだ」 聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナールは仲間の命を救うため、帝国軍の常勝将軍ジェマル・ジャン

  9. さくらさん、度々すみません。
    TBをお返しさせて頂こうと思いましたが、何度やっても上手く送信できませんでした(汗)。時間をおいてから再挑戦させて頂きますね。
    ではではまた!

  10. さくらさん、こんにちは!
    こちらでは初めまして!「悶え萌えすぎて」私のブログにまでご足労を下さってありがとうございました。「悶え萌えすぎる」と言う辺りに、腐女子としての萌えの真髄に触れた気がして感動しました。(笑)
    それにしても小笠原さん。本当に素敵な漫画家さんですね。個性的なキャラクター作りやBL要素は勿論ですが、作画にも手を抜いていらっしゃない事にも感動しました。
    ジェマルの絶倫振りにも慄きつつですが(笑)、続編が楽しみで仕方がありません♪
    ではでは、TBお返しさせて下さいね!

  11. さくらさん はじめまして、こんにちは!
    私も小笠原さんは初読み作家さんなんですが、見事にハマりました〜(≧∀≦)!
    普段こーゆーあたりかまわずなタイプは好みじゃないんですが、ジェマルにはものすごく萌えでした♪
    さくらさんの感想を読ませていただいて「きゃー一緒一緒〜♪」と大喜びです(笑)
    モバイラーなので上手くいくかわかりませんが、こちらからもTBさせていただきますね♪
    よろしくお願いします。

  12. こんばんは、Juraさん!
    ジェマル萌えすぎる!
    毎日コミックスを手に取ってしまう中毒症になっていますw
    >bk1七不思議だわ?。
    なんか最近BLコミックスはこのカテゴリっぽいかなと思ったんですが、どうなんでしょうか?
    小説は内容的にすぐに判別できないから通常カテゴリなのかなと思ってます。
    漫画は見ればすぐにわかりますもんねw
    >小笠原さんの描く話はこれがはじめてなんですが
    JuraさんからこのコミックスへのTBがやってきて、あたしは驚きましたよ!
    小笠原さんは読まれないと思っていたんで!!!!
    >レオナールドの負けん気の強さが非常にタイプ
    あたしもこれも大好きです!
    つーか、今回のコミックスはぜーんぶ大好きです!!!
    超萌え燃え!!!!!
    TBありがとうございました♪
    こちらもお返しさせて頂きます?★

  13. こんばんは?
    絶倫ジェマルにやれっぱなしのJuraです(笑)
    これが18禁に入れられるのは判るんだけど、bassoさんの「クマとインテリ」が同じカテゴリー(?)に入ってるのが良く判らない。
    bk1七不思議だわ?。
    小笠原さんの描く話はこれがはじめてなんですが、ここまでナニをしっかり描かれる方をはじめてみました、凄いね思わず視線がひき付けられる(笑)
    絶倫ジェマルも凄くすきなんですけど、レオナールドの負けん気の強さが非常にタイプです。気の強い受けって大好き? 
    攻めの前での悪あがきぶりもね(^m^)
    TBさせていただきました
    ではまた!

  14. こんばんは、あいさん!
    超萌え燃えな作品でした!!!!
    どこを取っても萌えで、正直感想書くのに大変でした。
    マジで夜眠れなくて、朝チュンでしたもんw
    >続きが早く読みたくて仕方ないですが、いったいいつに・・・涙。
    もう、どうしても続きが見たくて、雑誌?とか掲載されていないか検索かけてしまいましたよw
    でも現在収録されてるので全部っぽくて、現在がっくり中ですorz
    まあ、発行してくれればそれでよし!というかんじで、続きをひたすら待ち続けます!!!!
    ケルベロス様…いちいちコマでどのような動きをしているのかと探してみてみると、結構猫的動きをされていたりと、こまめに活躍されていましたw
    次のご登場もお待ちしましょう!!(笑)
    >TB、うまく入らないみたいです・・・またトライしてみますね☆
    ああ…最近うまく動いていたと思ったのにぃ?!
    ご迷惑をおかけしますorz

  15. BLACK SUN −奴隷王−

    聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、修道騎士の司令官レオナール・ド・ランブールは仲間の騎士達の命を救うため、自ら帝国軍の敵将ジェマル・ジャンに囚われの身…

  16. さくらさん、こんばんは♪
    萌えすぎて大変な一冊でしたね。ジェマルの絶倫っぷりに腰が抜けそうに(笑)なりました。しかし、小笠原さん、美しい絵で大胆なことをお描きになりますよね。感動しました。さり気にレオ様にリボンつきの可愛い服を着せるあたりも、素敵です♪
    続きが早く読みたくて仕方ないですが、いったいいつに・・・涙。でもいつになっても出てくれれば嬉しいです。
    ケルベロス様もそのときは是非出演してほしいです(笑)
    TB、うまく入らないみたいです・・・またトライしてみますね☆

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*