腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

中原一也「罪喰い」

| 12 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中原一也「罪喰い」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中原一也「罪喰い」腐女子のオタク感想文+

f-LAPIS文庫中原一也さんの「罪喰いicon」です。イラストは小山田あみさんです。
中原一也「罪喰い」中原一也「罪喰い」【 あらすじ 】
貞淑だった躯は、娼婦のそれとなる――
「俺なしではいられないくらい、何度だって抱いてやる」
見合いを経て婚約間近の瑛は、慕っていた兄の雄矢に監禁され、昼も夜もなく躰を繋げられてしまう。多くの女を虜にしてきた雄矢からの激しい劣情に瑛は翻弄され、雄矢に触れられるだけで発情する躰に躾けられていく。
力ずくで躰を奪っておきながら、瑛の世話をする時には壊れ物でも扱うような雄矢に、瑛は雄矢の想いの深さを思い知る。だが、二人きりの生活は突然破られて―。
■中原一也「罪喰い」詳細[↓]
bk1 アマゾン 楽天ブックス  中央書店コミコミスタジオ セブンアンドワイicon TSUTAYA ONLINEicon


【 感想 】
長男(35歳・職業:ガテン&ヒモ)×三男(27歳:書道家)です。
書道家の瑛は、父も書道家の男三人兄弟の末っ子。
母を早くに亡くしたが、厳しい父の変わりに兄二人が可愛がってくれて幸せに育った。
長男・雄矢は定職つかずにふらふらしていたが、次男・章吾は大手企業でバリバリ働いていた。
それぞれ進路は違うけど、仲がよい兄弟だったが、瑛がお見合いをしたことでその均衡が崩れてしまう。
野性的で数多くの男女を虜にしてヒモのような生活を送っているが自分には優しい兄・雄矢は、瑛のお見合い相手の桜子との付き合いを反対されていた。積極的な桜子に流されている瑛は、ある日外で桜子とキスをしたところを雄矢に目撃されてしまう。
今まで必死に弟への想いを殺してきた雄矢だったが、一番結婚して欲しくない相手とキスしていたことで頭に血がのぼり、強引に抱いてしまう。
それからというもの、雄矢のことが頭から離れなくなってしまった瑛は、今ならまだ間に合うと思い、自分と結婚したいと一生懸命な桜子と結婚をして現状から逃げようとするが、それを知った雄矢は瑛を攫ってしまい……というお話です。
実の兄弟ものは、個人的に超萌え設定です!
(腐っててすいませんねぇ…w)
昔は義理の兄弟が好きだったんですが、最近実の兄弟のほうが好きなんですよ★
このお話は、実の兄弟ものが読みたくて購入しました♪
「兄さん……」
なんて萌えな響き……(*´∇`*)
ショタが苦手なので「お兄ちゃん」と言われるとちょっと困るんですが、「兄さん」というのが好みですw
「兄ちゃん」も可。
でも、何故か「お兄ちゃん」という響きは駄目なのね、あたし……(^^ゞ
兄の執着がすごくて、萌えでした!
弟×兄っていうカップリングは多い気がしますが、考えてみれば兄×弟ってあんまりないかなと思いました。
あっても弟の年齢設定が低すぎて、あたし的にNGだったりで読まないこともありますしね。
今回はばっちりと二人とも大人な年齢だったのでOKでした。
兄弟ものって、だいたいどっちかが異常に執着していて、監禁とかしちゃったりしても、そのまま家庭内のごたごたで終わってしまってハッピーエンド?みたいな路線が多い中で、このお話は兄が公にわかるほどに暴走してしまい、警察沙汰になるところが現実的でよかったです♪
また、次男がいることで、兄がただのブラコンだから瑛が好きというのではなく、きちんと「瑛だから特別」なところがわかってよかったです。
二人兄弟だと、「なんかお互いが殻に閉じこもっちゃってるんじゃないの?」とか思ってしまうこともあるのですが、客観的に比べられる次男がいるので瑛が特別だとわかるし、雄矢が覚悟を決めてるところがすごく引立つかなと思いました!
そんなわけで、血縁ものでも三人兄弟のほうがあたしは好みなんです (゜▽゜*)

「お前の躰をいじってるんだ。勃起くらいする」

と、当然のように言う雄矢兄さんに乾杯(≧▽≦)
っていうより、あんまり当然に言うから萌えw
雄矢は瑛への気持ちを自覚して、関係を壊したくないと隠して生きてきましたが、そんな努力は瑛のお見合い相手の桜子の前にもろくも崩れ去る。
瑛と結婚したい桜子は、雄矢が瑛を見る目が兄弟としてのものではないと気付いてしまい、それを使って脅してきます。
ものすごい計算の上で、雄矢を家から追い出すことに成功しますが、肝心の瑛が雄矢を兄として慕っていますし、無意識のうちで男としても慕っていますから、桜子の策略は結局成功しません。
一応結婚式まではこじつけますが、最後の最後は一度逮捕された雄矢が執念で花婿強奪!!
キタ―(゚∀゚≡゚Д゚)ムハァ―!!
あとがきにもありましたが、「兄さん」は「兄さん……」でなければならないというのは、あたしも同感です!
素敵な萌えをありがとう! 中原さん!!!! (*´ω`*)
できれば、あとがきの双子が兄を──っていうやつは、是非お書き頂きたい(力説)!!
個人的に惜しかったところは、瑛に言い寄ってくる桜子がものすごいトントン拍子に結婚話を進めていきますが、もうちょっとドロドロしてくれたら余計によかったかもしれないかと思うんですが……まあボーイズラブだから女の描写はいらないかね?(笑)
最後まで読むとわかりますが、親父がちょっと憐れだよね(^^ゞ
雄矢と瑛がラブラブ生活を送るためには父親は死んでおいたほうがお話的にいいのはわかっていますが、あのまま亡くなったかと思うとねぇ……
現実的には、章吾が結婚しておいてあげれば、まだ浮かばれたのではないかと思いますが……BL的には(ちょっと違うけど)兄弟仲良く!?暮らしてるのがいいんだろうしね(苦笑)。
イラストも素敵でしたー!
アダルト&エロで満足でしたーーー!!
表紙の色合いとか、雰囲気がとても気に入っています♪
面白かった度:★★★★☆

罪喰い
中原 一也
プランタン出版 (2007/03)
売り上げランキング: 6844
おすすめ度の平均: 2.0

2 うーん。

中原一也さん関連商品>>

小山田あみさん関連商品>>

[TB先]
BLな毎日

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 中原一也「覗く瞳、濡れる心」
  2. 中原一也「欲望の犬」
  3. 中原一也「罪に濡れる夜に」
  4. 中原一也「灼けつくほどに抱かれたい」
  5. 中原一也「愛してないと云ってくれ」
  6. 中原一也「極道はスーツがお好き」
  7. 中原一也「AKUDAMANDER VS WHITEJACK」※小冊子
  8. 中原一也「心に手錠、唇にはくちづけを」
  9. 中原一也「Fカップのマリア」※同人誌
  10. 中原一也「仕立屋も極道がお好き」※同人誌
  11. 中原一也「坂下先生危機一髪」※同人誌
  12. 中原一也「愛しているにもほどがある」全プレ申込締切間近!

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

12 Comments

  1. こんばんは、mikuさん!
    ……長らくレスをお待たせしました!!orz
    すいません、本当に遅くて……
    今、仕事と仕事の隙間なので、急いでレスをしにやってきました★
    まったく萌えな一冊でした。
    昔は義理の兄弟が好きだったんですが、最近は何故か実の兄弟ものが萌えなんですねぇ(笑)
    色々と素晴らしいお話でした♪
    >お忙しそうですね(;_;)レスは気になさらないで下さいね!またうかがいます!
    ありがとうございます!
    お言葉に甘えすぎて、遅すぎましたが orz
    仕事がオタク系なので、どうしてもオタクが忙しくなる時期はあたしも釣られて忙しくなってしまいますねぇ…
    早くBL読みまくりたいですよ(^^;)

  2. さくらさん、はじめまして、こんばんは!
    時々お邪魔させていただいています(^^)
    今回、中原さんの兄弟ものということでレビュー検索してまして、さくらさんのレビューで読むのがとても楽しみでした!
    >「兄さん……」
    なんて萌えな響き……(*´∇`*)
    >兄の執着がすごくて、萌えでした!
    >きちんと「瑛だから特別」なところがわかってよかったです。
    ここにツボってしまいました!!!
    おもしろかったです!読めてよかったです!
    お忙しそうですね(;_;)レスは気になさらないで下さいね!またうかがいます!

  3. 罪喰い

    こないだは沙野さんの実兄弟ものでしたが、今回は中原さんの実兄弟ものを・・・。こちらは3人兄弟の、1番上の兄×末っ子弟。こちらもおもしろかったです(^^)…

  4. 罪喰い

    罪喰い中原 一也 / 小山田あみプランタン出版 2007-03by G-Toolsbk1→罪喰いあっれ〜、おかしいなぁ…近親相姦って苦手なはずなのに、非…

  5. こんばんは、あいさん!
    >血が濃いほど萌えます!
    まったくです!!
    最近は男同士というだけじゃ禁断をかんじないので、これくらいの設定でないと…というかんじですw
    >実の息子たちがそんな・・・
    実際、父はどこまで知ってたんでしょうか?
    兄が単純に弟の才能を妬んで拉致…なんて、本気で思うかなと思うと、若干気付いたら憐れかなと思ったりしてね(苦笑)。
    やっぱ双子×兄は魅力的ですね♪
    リクエストしないと駄目ですかね?(笑)

  6. こんばんは、あけみさん!
    >兄弟ものが苦手だった私も、とうとう解禁ですよ。
    >何でもばっちこ?い!状態になってしまいました。
    >最後の砦はショタのみ。
    同じくw
    あたしはショタだけは長年?駄目なので、きっとずっと駄目かも。
    作家さん限定で読めるものもありますが、基本は駄目です(^^;)
    あたしもその砦は死守したいw
    >兄弟ものって、不思議と執着系のお話が多いですね。
    >そうならざるを得ないところもあるんでしょうけど。
    執着しなければ粘着質?なかんじになっちゃいますし、そこはやっぱある程度決まってきちゃいますねw
    爽やか兄弟ものってないんですかね?
    無理ですかね、やっぱ兄弟っていうシバリ設定があると(^^;)
    双子が兄、期待したいですね!!

  7. こんばんは、桃さん!
    >そういえば吉原さんの「愛情連攣」も兄攻めの弟受けでしたね。
    おお! そうでしたね♪
    弟×兄っていうのも萌えはするんですが、なんかその設定はとっても多くて、ちと飽きてきました(←えー!)。
    んなわけで、もっと兄の執着したお話を読みたくてたまりません!!
    >瑛が押されて結婚してしまうのではないかとすごくハラハラしました。
    ああ、それは心配ですね?
    そうなってもおかしくない。
    というか、寧ろその展開にしたほうが更に萌え度アップだったかも!?w
    そこに兄VS桜子でもよかったです(笑)
    >なので結婚式場に雄矢が乗り込んでくるシーンは私もキタ―(゚∀゚≡゚Д゚)です?!
    お約束展開っていうのは、やっぱいいですね?!!
    素敵でした?♪
    父は……まあ、あの世に行きっぱなしで、お盆とかにも戻ってこなければ、幸せかもしれないんですけどね(^^;)

  8. さくらさん、こんばんは♪
    <昔は義理の兄弟が好きだったんですが、最近実の兄弟のほうが好きなんですよ★
    ふふふ、私もですよ??。血が濃いほど萌えます!最近濃いお話が増えてきてうれしいです。中原さんといえばオヤジだと思ってましたが、兄弟モノ、すばらしい才能を見せてくださいましたね。ありがと???(叫)
    それにしても、さくらさんも書かれてますが、とーちゃん、憐れすぎでした。実の息子たちがそんな・・・ショックで寿命も縮まるというものです。
    みなさんおしゃってますが、あとがきのお話・・・ぜひ一冊書いていただきたいです!!
    TBこちらからもよろしくお願いします♪

  9. 中原一也さんのBL本「罪喰い」

    中原一也さんのBL本「罪喰い」を読みました♪
    大好物の兄弟ものに激萌えでした
    中原 一也
    罪喰い
    実の兄弟モノ…

  10. さくらさん、こんばんは。
    兄弟ものが苦手だった私も、とうとう解禁ですよ。
    何でもばっちこ?い!状態になってしまいました。
    最後の砦はショタのみ。
    この砦だけは死守したいのですが…。
    >兄弟ものって、だいたいどっちかが異常に執着していて
    いやいや、ホントにそうですね。
    兄弟ものって、不思議と執着系のお話が多いですね。
    そうならざるを得ないところもあるんでしょうけど。
    でも、ちゃんと『特別』って言うのがよかったですよね。
    >あとがきの双子が兄を…
    私も熱望しています。
    ぜひぜひ???!

  11. こんにちは、さくらさん。
    そういえば吉原さんの「愛情連攣」も兄攻めの弟受けでしたね。
    ズルイ大人の兄がそのズルさで周りを排除して弟を絡め取っていくというのは非常に萌えます。
    このお話、特に恋敵が女性でしたから、遠慮なく憎むことができました。計算高い強かな女でしたね。私は瑛が押されて結婚してしまうのではないかとすごくハラハラしました。
    なので結婚式場に雄矢が乗り込んでくるシーンは私もキタ―(゚∀゚≡゚Д゚)です?!
    父親は草葉の陰てまたまた心臓発作でも起こしていることでしょうね(笑)

  12. 罪喰い

    罪喰い中原一也著。f-ラピス文庫。
    げっ、いきなり結婚式シーンから始まってる。BLなのに受け君は結婚するのか〜、いやだなあ〜と思いつつ読み始めました。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*