腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

妃川螢「不条理な接吻」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 妃川螢「不条理な接吻」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
妃川螢「不条理な接吻」腐女子のオタク感想文+

竹書房ラヴァーズ文庫妃川螢さんの「不条理な接吻icon」です。イラストは奈良千春さんです。
妃川螢「不条理な接吻」icon【 あらすじ 】
「SPは、VIPの夜の遊び相手じゃない」
「そのかたくなな唇もすぐに奪ってみせる…」

「兄からの褒賞を断ったSPは貴様か?」
日本に華々しく降り立ったノルド王国軍総帥、ユーリは、ずらりと並ぶ警視庁のSPの中から、迷うことなく東堂喬也を選び、自分のいちばん近くに付くことを命じる。以前ユーリの兄が来日した時も、喬也は警護班に抜擢され、活躍が認められたが、ノルド王国からの褒賞を断っていた。その事をユーリは不快に受け取ったのか、今回の喬也の役目は警護だけではなかった。
「貴様を呼んだのは、私が愉しむためだ」
ユーリは喬也に身体の関係を要求してきたのだ。
「SPは男娼ではありません」
SPのプライドにかけて喬也は毅然と断るが…。
■妃川螢「不条理な接吻」詳細[↓]
   icon icon


【 感想 】
軍総帥×SPです。
SPとしてVIPの警護をする仕事をしている喬也は、仕事に誇りを持っている。
以前ノルド国王が来日したときも警護を担当したが、そのときに狙撃から身体を張って守ったことが認められて褒賞をもらえることとなったが、SPとして当然のことだからと辞退した。
そのことを根に持っていたのか定かではないが、来日したノルド王国軍総帥・ユーリを警護するメンバーに選抜された喬也は、その総帥閣下直々に自分の一番近くで警護をすることを命じられる。
ユーリは、警護だけではなく自分の相手をしろと言い、喬也はうっかりイかされてしまう。相手は国賓なので、抵抗して傷つけるわけにもいかない。
むしゃくしゃした気分を晴らそうと、いきつけのバーに行くが、そこでヴィルという金髪碧眼の男に会い、気がつくとロストバージンしていて……?というお話です。
軍服萌えw (≧ ≦)Ω ヨッシャ!
あたしゃ軍服萌えなんです!!!!
しかも好みの顔だし、傲慢だし、でもなんか一途な執着系だしで、好みの攻めでしたw
攻めの総帥閣下は、お話が始まって20ページもたたないうちに行動をおこしてくださって、楽しくてなりませんでしたww
あと、あたし的萌えとしては

閣下……っ

に萌えでしたw
国家権力&国賓の閣下(攻め)に逆らえないSPw
(^-^*))。。。きゃぁきゃぁ!。。。((*^-^)きゃぁきゃぁ
設定萌えをしたのは、ちょっと久々ですw
あとね、ドラマの影響かSPも今、あたしの萌えツボ的にはストライクなんで、ちょっと冷静な感想は書けなそうです。
今回は、参考になりそうなことは言えそうにありませんw
あらすじを読んだときから笑ってしまったのはあたしだけですか?w

SPは男娼ではありません

当たり前すぎるセリフに、あたしはあらすじだけで吹いてしまいました(笑)
喬也は、SPをしているくらいなので当たり前ですがガタイもいいです。
女性しか相手にしてこなかったのに、総帥には手でイかされてしまうし、バーで会ったばかりの金髪碧眼のヴィルという男にはうっかり犯されてしまうのです(笑)
ものすごいうっかり展開だなぁ?と思ってたら、その次の日には総帥にも犯されてしまいます。
「俺は男だ!」的なかんじで(どんなかんじ?w)、手でされてしまったときに廊下に出たとたんに憤ってる音が聞こえるのが、ニヤニヤしてしまいましたw
あとは、お酒を飲んでいて酔っていたばかりに?、ロストバージンしたと気づいたときの

マジか……

のセリフもニヤニヤしちゃったw o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
結構うっかり受けではありますが、なよなよしていないところがいいです。
最後の辞令も気に入りましたw
今のあたしは楽しく?明るい深刻になりすぎない話を求めていたんで、個人的には満足しました。
だけど、硬いお話を求めているときはスルーしたいかもしれません。
相変わらずイラストは美しいです!
個人的にはモノクロイラストのヴィルとバーで飲んでるシーンが、ニヤニヤ度アップでたまりませんw (●^o^●)
面白かった度:★★★★☆

不条理な接吻 (ラヴァーズ文庫 49)
妃川 螢 奈良 千春
竹書房 (2007/11/24)
売り上げランキング: 744
おすすめ度の平均: 3.0

3 奈良千春さんの絵の為の企画本。

妃川螢さん関連商品>>

奈良千春さん関連商品>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事はまだなかったみたい。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*