腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

矢城米花「堕ちて魔物と闇の中」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 矢城米花「堕ちて魔物と闇の中」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
矢城米花「堕ちて魔物と闇の中」腐女子のオタク感想文+

二見シャレード文庫矢城米花さんの「堕ちて魔物と闇の中icon」です。イラストは小山宗祐さんです。
矢城米花「堕ちて魔物と闇の中」icon【 あらすじ 】
母子家庭に育った千晴は、帰宅を急いだ近道の廃工場で青年が人を殺す現場を目撃する。しかも、その青年・汐は体内に意志を持ったかのように動く「影」を宿し、操っていた。口止めがわりに影と汐にその場で強姦されてしまった千晴だが、瞳の奥の哀しげな色に惹かれるものを感じる。
しかし一年後、電車で集団痴漢に襲われた千晴は近くに佇む汐を目撃する。痴漢は彼の差し金か、それとも──?
人として生きる道を断たれ、殺すことでしか存在できない化け物となってしまった青年と、孤立無援の高校生、二人だけの闇に堕ちる恋。
■矢城米花「堕ちて魔物と闇の中」詳細[↓]
    icon


【 感想 】
人外×高校生です。
人外、触手、凌辱、極めつけは痴漢と、激しくダーク設定盛りだくさんなので、とりあえずゲットしましたw
今回の人外・汐は、元人間です。
しかも美麗の関西弁w
恋人と心中しようとして青木が原樹海に行き、二人で毒を飲んだ。
しかし、恋人はもともと死ぬ気はなくて、汐が動けなくなるのを確認して一人で帰っていってしまいました。
それから死ぬ直前に、謎の生物「影」と融合合体をして復活という、既にディープ設定です。
恋人に置いてかれて可哀想とか思ったりしますが、恋人が心中するふりをして樹海に汐を連れ出したのもうなずける設定が…(^^;)
なんと、別れ話を切り出されて、別れるのが嫌で激しくストーキングしていたらしい…orz
攻めは人外で元ストーカーという、すごいディープ設定です!
そして、そんなゾンビとなった汐は、自分の影を触手のように操る人外になってしまった。
影なので、厚みや大きさ、サイズ等なんでも変幻自在です。
そんな影のお食事はなんと人間の命。
人間の殺しては食事をし、街を移動して生活していた。
しかし、そんな身体になったとはいえ、誰でも殺してしまうってのは良心の呵責があるので、犯罪歴がある人間とかをターゲットにしていました。
そんなディープな暮らしをしていたのですが、そんな現場を高校生の千晴に目撃されてしまい、口止めとして凌辱してしまうのです。
そのときに初の触手プレイをされてしまい、当たり前だけどショックが激しい千晴w
それから一年が経過。
母子家庭だった千晴は、母が再婚して、会社経営をしている新しい父親が出来た。
しかし、どーしてもその義理の父が生理的に受け入れられないと思っているんですが、とりあえずお母さんが幸せなので、我慢しています。
でもねちっこい微笑みとかが気持ち悪いらしく……
確かにちょっと気持ち悪いことばかり言っています(^^;)
そんなとき、通学電車で一年前に自分を凌辱した汐を目撃したみたいで、動揺が隠せない千晴。
確かに自分を凌辱した悪いやつなのですが、自分に対する気遣いとか、寂しそうなかんじとかが、ずっと気になっていたのでした。
しかし、そんなとき、人生初の痴漢に遭ってしまう。しかも集団痴漢。
痴漢はかなりの人数で、半裸にされちゃっても一般人は誰も気が付きません。
さらに撮影会。
そんなもっとディープなことを千晴は二回も体験してしまうのです!
痴漢は誰かに雇われていたようだった。
さらに汐とも再会を果たし、集団痴漢を支持した黒幕とかが最後に出てきます。
黒幕は、最初っからかなりわかりやすいですw
集団痴漢プレイが受け入れられない人には、受入れが困難なお話だと思いますw
集団痴漢が2回、凌辱未遂が1回、凌辱成功が1回とかなりディープです。
攻めの汐は、美麗で関西弁で、さらに結構ダメダメなところがいい味を出していると思います♪
タイトルどおりに二人はくっつくのですが、千晴の帰宅を待ちわびているところとかはかわいいですw
そして汐の影で触手、これがまたわかりやすい行動?してるのが楽しいかもw
犬の尻尾のように無意識に動いたりもするのですw
だから、汐が千晴のためを考えて身をひくシーンがあるんですが、影のほうが汐の意思を無視して、千晴を引き留めてみたりしてるんですよね(笑)
自分がやっかいな存在だということも理解しているんで、邪魔なら出ていくからといつも言っているところもツボです。
あたしは結構気に入りましたが、人は死ぬし、痴漢もあるし、触手だしってことで、誰にでも進められるわけじゃないかなぁ?(^^;)
面白かった度:★★★☆☆

4576080695 堕ちて魔物と闇の中 (二見シャレード文庫 や 2-6) (二見シャレード文庫 や 2-6)
小山 宗祐
二見書房 2008-05-28

by G-Tools

矢城米花さん関連書籍>>

小山宗祐さん関連書籍>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 矢城米花「王子隷属2―仙狐異聞」
  2. 矢城米花「王子隷属1―仙狐異聞」
  3. あけましておめでとうございます♪
  4. 2008年6月第二回目の購入履歴。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*