腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

高矢智妃「華の王」※同人誌

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高矢智妃「華の王」※同人誌
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
高矢智妃「華の王」※同人誌腐女子のオタク感想文+

高矢智妃さんの同人誌「華の王」です。
【 あらすじ 】
雑誌記者×茶道家
雑誌の取材を受けたため、窮地に陥ることになってしまった若き茶道家はとられた恥ずかしい写真を取り戻すために、指定されたホテルに向かった。
しかし記者が提示した交換条件は、茶道家の身体だった!
卑怯な手口に唇をかみしめながらも、ベッドに上がり・・・・・・
※あらすじは中央書店コミコミスタジオから頂戴しました<(_ _)>
■高矢智妃「華の王」※同人誌詳細[↓]


【 感想 】
コミケ74で、新刊と一緒に購入した既刊の同人誌「華の王」です。
なんか、この方の同人誌、あたし癖になってきましたwww
雑誌記者×茶道家です。
雑誌記者が麗しい所作を身につけた若い茶道家を見つけた。
調べるうちに虜になっていった記者は、若い茶道家の雑誌取材という名目でその若者に近づく。
わざと乱暴に突き飛ばしたところを写真に撮る記者。
しかし、その写真は見方によっては、和服の裾が乱れたりと、卑猥な創造が容易に出来る。
それを元に、実はその茶道家が茶室で猥褻行為をしているというでっち上げの記事を掲載すると脅しにかかる。
その記事を掲載しないための要求として、記者は茶道家に自分の性奴隷になるようにと要求する・・・・・・というお話です。
超高矢智妃節炸裂!
今までこの方の同人誌をちょっとずつ読んできましたが、だいたいいつも複数プレイでしたw
なのに今回は一対一で趣が違いって、そこが新鮮でした。
記者のほうが茶道家に入れ込んでいて、どうしても自分のものにしたいために卑怯な手を使いまくって欲望炸裂というかんじだったんで、他の男には触らせないぜってことでしょうw
茶道家を巫女か神官のように品があって高貴な印象を受けたわりに、欲望ムラムラw
自分のものにしたいので、このような見出しの記事をでっち上げます。

『身体で弟子を集める若き跡取り』
『茶室での情事』

自分が性奴隷になる代わりに、そのでっち上げ記事を掲載しないと約束したので、勇気を出して呼び出されたホテルのベッドに上がる茶道家。
茶道家にエロエロなことをしても、高潔さを失わないところで、またもや記者暴走w
今まで読んできた高矢さんの同人誌は、最後は受けが快楽に目覚めて超性奴隷になっちゃうんですが、これに限っては違うパターンであり、さらに新鮮でした。
こんなトンデモナイ出会い?な二人が、なんとありえないことにくっつきます!!!!
・・・・・・というわけで、珍しくカップルになってハッピーエンドなところも新鮮な一冊でした。
とはいえ、高矢さんなので、単語や文章が通常のBLとは違って、マジ18禁です!
通常の商業のボーイズラブは、表現も綺麗になっていてファンタジック(笑)な仕上がりです。
※あたしは通常のBL本はファンタジーだと思ってますw
高矢さんは描写にリアリティがあり、エロ描写も結構ありますので、濃厚なものが読みたいという方にはお勧めかと思います。
卑猥語連発はちょっと・・・・・・とか、そこまでリアリティを求めてないという方は避けたほうがいいかもしれません。
あたしは楽しめました♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 高矢智妃「代償?肉接待?」※同人誌
  2. 高矢智妃「虎落笛」※同人誌

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*