腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

扇ゆずは「レオパード白書 1」

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 扇ゆずは「レオパード白書 1」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
扇ゆずは「レオパード白書 1」腐女子のオタク感想文+

ディアプラスコミックス扇ゆずはさんの「レオパード白書 1」です。

扇ゆずは「レオパード白書 1」【 あらすじ 】
「絢、俺に飼われろ。」
『レオパレード』の人気ホスト・絢は、きれいな顔をして超銭ゲバ。そんな絢に、強烈な王様オーラを放つ男・真行寺が声をかけた。
「お前を買ってやろう。いくら欲しい?」
そこから始まる24時間で、真行寺が絢に仕込んだのは、花嫁修業に調教系セックス・・・・・・!!? 金とカラダから始まる、セレブでビッチなNO.1ラブセリエ、華やかに開幕!!

■扇ゆずは「レオパード白書 1」詳細[↓]
    

BLCD「拘束クルージング」 → 感想を読む?

扇ゆずは「レオパード白書 1 (ディアプラスコミックス)」詳細はこちら


【 感想 】

俺様な御曹司×お金大好きの超美麗ホストです。

「お金がすべて」という考えで生きているカリスマホストクラブに勤める超美麗ホスト・絢は、ちょっとした言葉で他人を『誘導』してお金をむしり取る銭ゲバ。
ある日、自分の通帳を眺めながら橋に立っていると、見知らぬ男に声をかけられる。
「お前の24時間を買ってやろう。いくら欲しい?」
オーラからしてお金持ち、そして俺様なかんじがうかがえる男にとりあえず一千万円と答えるが逆にそんなに安くていいのかといわれ、絢は「ただ一緒にいるだけで色は売らない」と言い、24時間を一千万円で売ることにした。
絢を買った男・国でも有数の企業の御曹司・真行寺が絢を連れて行ったのは、とあるパーティ。
用意されていた服は女物のドレスを身につけて連れていかれると「私が愛する美しい妻です」と紹介されてしまう。真行寺は結婚しない意志として美麗の男を周囲に紹介したいだけなようだった。
24時間は経過していないけどそのまま帰っていいと言われた絢だったが、まだまだ真行寺から金を取れると踏んで、そのままついていくことにするが、ミイラ取りがミイラ・・・逆に自分が『誘導』されて手玉に取られて、無理矢理抱かれてしまい・・・? というお話です。

コミックスのあらすじの『銭ゲバ』という単語にひっかかりを覚えて、購入を悩んでいた作品です(笑)。

だって、どうしたって日テレドラマを思い出してしまうんですものwww
というか・・・さすがBL! 展開早!!(笑)

お金を取ろうと近づいただけな激しく美しいホストの絢ですが、相手が悪かった。
お金持ちの御曹司・真行寺に逆に身体を奪われて、自分の住むおんぼろアパートに帰っても、アパートごと買い取られちゃうし、犯された証拠まで写真に撮られてしまうんです。

用意周到すぎる攻めw

さらに、写真で脅されて定期的に会うようになり、身体がどんどん調教されていきます。

・・・いきなり犯されてあえぐ受け・・・(笑)

犯られた受けは、実はビッチでしたーな展開www

欲しがる客には徹底的にもったいぶり、金を巻き上げる手口を使う絢は、その方式に従って自分の身体をとっとと与えて真行寺に自分に飽きてもらおうとしますが・・・
・・・逆にどんどん真行寺の仕掛ける手立てにはまる絢・・・・・・

最初は嫌だったはずなのに身体が真行寺を求めるようになると、同僚の年下ホストに自分とエッチしてくれと徹底的に抵抗します。
しかし、敵?のほうが一枚上手で、どんどんと真行寺にはまっていく転落人生が、濃厚なかんじでした。

真行寺のクルーザー監禁はすごいですねー (≧∇≦)
あのような豪華クルーザーで、真行寺は自分の肉体をチラリズムするのです!!
扇さんの攻めは、いつも「受けが大好きでしょうがない!」 っていうのが全開で表現されているんですが、今回は違います!

超攻め!!ってかんじの攻めです( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ
チェックポイントとして、真行寺の身体がムキムキすぎる件・・・

すごいです (〃ー〃) 体温↑上昇中

真行寺の肉体美に、腐女子でなくてもニヤニヤしますね(多分w)。
お金もあり、顔もよく、身体もムキムキで仕事もできる・・・完璧すぎるんですが、恋愛の一般常識は皆無であったので、今回このような調教の話となってしまったという、恋愛音痴な攻めですw

一言で言ってしまえば『調教という名の恋愛』な話ですw

自分のプランどおりに絢を落としていく真行寺ですが、最後の最後に山猫と呼んで可愛がっている絢にいっぱい食わされて、慌てて迎えに行くところがまたよかったです♪
続きものを恐れる?方に朗報です★

タイトルに「1」とついていて、続いているようなかんじがしますが、この一冊できちんと話が終わっている読み切りタイプです。
次巻のカップリングは絢の同僚の年下高校生ホスト君メインのお話なようなので、今作だけでも楽しめる一冊かなと思います。
ただ、「愛撫もなしに初っ端から犯られて喘ぐ」という設定がどうにもこうにも納得できん!という腐女子の方は挑戦しないほうがいいかと思います(笑)。

じっくり読み込む系の方は堪能できますが、さらっと読んじゃう派の方には「ただヤッてるだけの漫画」と感じるかと思います・・・多分(^^;)

迷っている方への情報としては、応募者全員プレゼントとしてプチコミックペーパーがもらえるようで、その締め切りが2009年8月10日当日消印有効ですので、そのあたりも考慮されるといいかもしれません♪
個人的には、とっても堪能させていただきました♪

クルーザー、好きだし(笑)

面白かった度:★★★★☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. 扇ゆずは「恋する男」※ペーパー
  2. 扇ゆずは「東京・心中」
  3. 扇ゆずは「東京・心中2」
  4. 扇ゆずは「DARLING 2」
  5. 扇ゆずは「DARLING」
  6. BLCD「拘束クルージング」
  7. 中原一也「愛しているにもほどがある」全プレ申込締切間近!
  8. 門地かおり「生徒会長に忠告」OVA化決定!
  9. 蔵王大志「主のおおせのままに」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*