腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

アニメ「世界一初恋」第3話

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アニメ「世界一初恋」第3話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
アニメ「世界一初恋」第3話腐女子のオタク感想文+

アニメ「世界一初恋第3話『In love there is both dotage and discretion.』感想です。

「やめてください、高野さん!」

世界一初恋 特装版 第2巻 [DVD]

第3話『In love there is both dotage and discretion.』収録 DVD「世界一初恋」特装版 第2巻 詳細はこちら


高野の正体を知り、落ち着かない律。そのうえ担当作家を持ち仕事に没頭しようとした矢先、営業担当で別名「暴れグマ」と呼ばれる横澤隆史に遭遇。出会い頭「七光り」と言われ、第一印象は最悪。おまけに、高野と公私ともに仲がよいことがわかり…!?※あらすじは公式サイトから頂戴しました<(_ _)>

【感想】

※原作既読です。
※腐女子向けのボーイズラブ漫画が原作となっておりますので、アニメの視聴には十分に気をつけてください!(笑)

「高野ー!てめぇ!!よくもこんな本作りやがったな!」

突然、エメラルド編集部に殴りこみ?というか、乗り込んできた男性、激しく激昂してきた。
営業の横澤という男性で、発売したばかりの少女漫画がどうやらすぐに売り切れてしまったことについて怒っていた。

逆ギレです!

「俺がどれだけ抵抗したか、あんただって見てただろ!」

突然、喧嘩轟々になってしまった高野と横澤。
どうやらコミックスの部数決定のときに高野と、横澤の上司が揉めたらしいが、高野の希望は通らず、少ない部数で刷られたらしい。

重版がかかったということはいいことなんじゃないかと律は思うけど、重版があがるまでの間は売り逃す事になってしまう。
だから高野と横澤が揉めてたのだった。

高野とひとしきり揉めたあと、横澤は自分の部署へ戻っていこうとする。
律と横澤はまだあったことがなかったので、律は自己紹介するが、思いっきり「七光り」と言われてしまうw
こんな人前で言わなくてもいいじゃん!と内心に憤ってる律・・・

「親をこえて一人前ってよく言うじゃん!」

意外と慰めてくれるエメラルド編集部のみなさん。

んが・・・!

「ま、それで失敗したらただのクズだけどな!!」

『なにもそんな傷口をえぐらなくても!』

他の編集部のみなさんは一斉にそう思ってた(笑)

エレベーターに乗った律は、そこに滑り込みで乗り込んできたのが高野だとわかるとさっと降りてしまった。

前回ちょっとちゅーされてくらいで激しく意識をしている律。
二人は十年前、高校生だったときにちょっとだけ付き合っていたのだった。
律はそのときの思い出を「黒歴史」として、自分の中に封印していたので、当時のことをあまり覚えていないようだった。

『もう一度俺を好きって言わせてやる』

「仕事以外の接触をとことん避ける」

「もう一度好きv」と言わないために、仕事以外では避けることにしたようだったけど、仕事一緒で住んでるところも隣じゃそううまく避けれないんじゃないでしょうかw
早く高野につかまって欲しいもんです♪

律が初めて担当した作家の武藤先生のネームが予定日よりも5日遅れていた。
前の担当の羽鳥に、先生はどういう人だったのか聞いてみる。

「ネームは漫画家のセンスが問われるところで、
それを一番最初に読む編集のセンスも問われるんだ」

ネームは漫画でいうところの下書きの更に下書きみたいなもの。
とても大事なのだった。

漫画編集初めてなのに、入社してすぐの人が漫画家の担当になれたのは、高野の「愛」のしごきがあったからですねw
過去5年ほどのエメラルドの雑誌のネームの修正から決定稿までが山積みにされ、それのどこを聞かれてもどうしてそうなったのか説明するように課題が出されていたからだった。
無理とか言いそうになると、律の激しい対抗意識が煽られて、うっかりレポートにまとめて提出してしまったようです。

「問題は俺のほうかも。
的確にネーム直しができるだろうか・・・」

ネームが無事に届いたとして、それの修正がうまく指示出来るか心配しているところに内線が鳴る。
羽鳥さんが電話を取るが相手は横澤さんからで、

「今日飲みに行くから付き合えだそうです」

ということだった。
さっきまで仕事の内容とはいえ喧嘩してたのに、もう飲みに行けるような間なのかとヤキモキ。

『武藤先生のネームが素敵にあがりますように』

ネーム待ちなので、そのまま帰宅しようと思ったが、
エレベーターの出入り口付近で高野と横澤がいちゃついて仲良く話していた。

普段、笑うことのない高野が笑っている!

「マジで行くし」
「マジで来んな」

なんて仲のいいやりとり!
しかも

「政宗」

下の名前で呼んでいたw

そのことに動揺する律。
普通の上司と部下はそれくらいでは動揺しません!

自分とは上司と部下でなんの関係もないと自分に言い聞かせてた。

「着いて来ないで欲しいんですけど」

家が隣なんだから、当然のことといえば当然なんだけど、そんなことに気がつかないほど動揺してるんでしょうか。
電車は更に事故の影響で満員状態だった。
嫌でも(好きでも?)密着!

「おまえ。なんで俺のこと、避けてるわけ?」

ガタン!

ギャーーーー!
電車で急接近!O(≧∇≦)O

抱きつきw

動揺する律を、電車のガラス越しにずっと見てる高野キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

『何してんだ、俺。ちゃんとたってろよ
見てる・・・俺を見てる・・・
・・・なんだよ、文句あるならちゃんと言えばいいだろ!』

文句があるんじゃなくて見つめてるだけなんです

律が帰宅すると、武藤先生からFAXでネームが届いてた。
早速チェックするが・・・

『どうしよう・・・これは結構直すかも・・・』

ネームは必ず高野さんに見て貰うことになっている。
でも会いたくない。

そこで考えた!閃いた!

『こういうときのファックスだろ!』

FAX送信!

「隣だろ!ネーム持ってこい!!!!」

即効電話が来て怒られたw

「五秒だ!行く!」

自宅へ侵入されることは阻止したものの、やはり会いたくない。
郵便受けに・・・と思ったがそれも無理だったwww

今日は高野の家に入る日ですか!ワクワク (〃∀〃;)

しょうがないので高野の家へ入った。
(家に入ればこっちのもんですよね!!o(^∇^)o)

律は、台詞は後回しで、大きな流れの修正を入れたものを持ってきていた。
ギャグは全部消そうとしていたが、意図的な遊びのコマは残すように支持された。

結局、かなりの修正が入ることになってしまった。
律は、自分のやったネーム修正は大丈夫だったのかと高野の聞くが、「基本は間違ってないけど優等生」と評価され、あとは当面は場数を踏むことだとアドバイスされる。

さて、仕事も終わった。
ここは上司(元付き合っていた人)の部屋で二人っきり。

そそくさと帰ろうとする律に「何で避けてんの?」の高野がまた問い詰める!

逃げようと自分には彼女がいるとか言ってみるが思いっきり顔があらぬ方向に向いていた。

「俺の目を見て、もう一度言ってみろ」

ぶちゅー

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

今回はしっかりちゅーしてくれるのね!
嫌がるシーン、映像付きのほうが悶えるわぁ~((○(^▽^)○)) ウキウキ

「やめてください、高野さん!」

早っ

もう終わり!!?w
すべては顔の位置で判断しろってか!www

やばそうなところはさすがにアニメで写しませんね~
黒いもやもやが仕事してるしwww

そういうところはやっぱ「DVDで!!」なかんじなんでしょうかwww

襲われた律は逃げ帰ろうとして、高野の家の玄関に向かって行ったところ、高野の家に訪ねてきた横澤と鉢合わせて次回!

今回は1~2話の欲求不満を解消してくれた回となりましたー!

そうだよ、これくらいないと!!(≧∇≦)

普通の男女ものじゃないと「意識しすぎは自意識過剰じゃないのー?」とか思ってしまうんですが、それ以外ところが気になって、そんなところを悶々とする暇がなくていいですw

世界一初恋 特装版 第2巻 [DVD]<スタッフ>
原作:中村春菊世界一初恋」(角川書店 隔月刊「CIEL」連載/あすかコミックスCL・DX刊)
監督:今 千秋
シリーズ構成:中瀬理香
キャラクターデザイン:菊地洋子
色彩設計:松本真司
美術監督:清水順子
撮影監督:近藤慎与
編集:松村正宏
音響監督:郷田ほづみ
音楽:安瀬 聖
音響制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:世界一くらぶ!!

オープニングテーマ:喜多修平「世界で一番恋してる
エンディングテーマ:ワカバ「明日、僕は君に会いに行く。

<キャスト>
小野寺律  :近藤隆
高野政宗  :小西克幸
吉野千秋  :立花慎之介
羽鳥芳雪  :中村悠一
横澤隆史  :堀内賢雄
柳瀬優   :神谷浩史
木佐翔太  :岡本信彦
美濃奏   :緑川光
井坂龍一郎:森川智之

アニメイトオンラインショップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. アニメ「世界一初恋」第1話
  2. アニメ「世界一初恋」第4話
  3. アニメ「世界一初恋」第5話
  4. TVアニメ「世界一初恋」公式サイトオープン
  5. アニメ「世界一初恋」第11話
  6. アニメ「世界一初恋」第6話
  7. アニメ「世界一初恋」第10話
  8. アニメ「世界一初恋」第2話
  9. アニメ「世界一初恋」第9話
  10. アニメ「世界一初恋」第8話
  11. アニメ「世界一初恋」第7話
  12. 中村春菊「世界一初恋」アニメ化企画進行中
  13. TVアニメ「世界一初恋」放送局情報公開・イベント決定!
  14. 中村春菊「世界一初恋」TVアニメ化、放送開始予定決定
  15. アニメ「STEINS;GATE」第1話
  16. アニメ「STEINS;GATE」第2話
  17. アニメ「STEINS;GATE」第3話
  18. アニメ「STEINS;GATE」第6話
  19. アニメ「STEINS;GATE」第4話
  20. アニメ「純情ロマンチカ2」第8話~第9話

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*