腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

ドラマ「JIN−仁−完結編」第2話

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドラマ「JIN−仁−完結編」第2話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ドラマ「JIN−仁−完結編」第2話腐女子のオタク感想文+

日曜劇場・ドラマ「JIN−仁−第2話『未来との選択』感想です。

「そんなわたしを憐れと思い、願いをお聞きとどけくださったのでしょうか
もう一度願いをお聞き届けください
今すぐに先生を未来へお戻しくださいませ!」

いとしき日々よ

【 あらすじ 】
未来との選択
JIN-仁- DVD-BOX“脚気に効く菓子”として、南方仁の考案した安道名津(あんドーナツ)が江戸で評判となったある日のことー。仁は、奥医師でもある西洋医学所の松本良順(奥田達士)から、「脚気の疑いがある皇女和宮(黒川智花)に、安道名津を献上してほしい」と頼まれる。 大喜びする『仁友堂』の面々の中、再び歴史を変えてしまうかもしれないことに躊躇が生まれ、ひとり思い悩む仁…。そんな折、職を探している野風と再会する。
(※あらすじはYahoo!テレビから頂戴しました<(_ _)>)


【 感想 】

※原作コミック未読。
 ドラマは1期見ていますが、感想は総集編になっている「レジェンド」のみ書いたので、連続ドラマのほうは書いてません。
 (ちょうど感想書く時間がなかったときだったのです~もったいない!)

江戸はいいところだけど、ここで死んでもいいかと言われればまだそうは言えない、そんな気持ちらしい。
でも、このまま江戸にい続ければ未来がどうなったのかもわからない。

「先生がずっと・・・」

咲は神社で何かをお祈りしていた。

そんなとき、仁は野風と再会した。
とうとう長屋を追い出されてしまったのだった。

「ちゃんと堅気になりんす!
先生にいただいた命、大事に使いんす」

「野風さんに幸せになって欲しいんです
せっかく助けることが出来たんですから」

仁友堂に一時的にいることになった野風。
再会した咲は違う心配をした。

「まさか、また癌が!?」

一時的にお世話になることになったので、野風、拭き掃除。
野風、洗濯物干し。
色々と家事を手伝ってくれていた。

咲が「ちょっと出かけてくる」と言って出たのは古着屋さん。
咲はお金がないからと自分の着物を売ってお金を作っていたのだった。

「何迷ってるんだい?先生は」

演技に使いたいからと仁にアンドーナツの作り方を聴きに来た人に、ドーナツの献上で悩んでいると話した。
すると、脚気かもしれない宮様は日本で一番寂しいお姫様だという。
突然知らないところに放り込まれた宮様は、帰りたくても国には帰れない。
だから、芝居を見てその束の間でも元気になれれば・・・と思っていたのだった。

「国がないんですね・・・野風さんも・・・」

自分もわからない江戸にきてしまったけど、野風も帰るところもない。

そんなことで、優柔な仁の決意が決まり、アンドーナツの献上することが決まった

しかしそれを面白く思わない人もいて、福田は「献上を失敗に終わらせよ!」と命令されてしまう。

みんなはアンドーナツを献上するためによい材料をそろえ
味も工夫して美味しくしようと張り切っていた。

「先生、着物ちゃんとしたもの持ってましたっけ?」

「え!?これじゃダメなんですか!?」

「相手は宮さまでっせ・・・」

ええところのボンボンなのか、なんかポヤーッとしてますよね・・・(笑)。
そんな普段着でいけるわけないじゃんw

「なにゆえ献上をお決めに?」

和宮さまはある日突然、知らないところに放り込まれてしまって、自分も同じような身の上だし、野風も帰る国もないし・・・ということで献上を決めたとそのまま話す。

・・・女心がわからない人だ・・・
こんなに尽くしている咲は報われないではないですか・・・!!!!

自分たちでは変えられない仁の気持ちは、相手が違うとすぐに変わってしまう。
それがなんとなく、悲しかったのかも。

何となく帳簿を見てみる。
咲が自分のものを質入れしていることを初めて知った・・・

ちょ!お前、ボンボンなのか!!
日々の生活が何もしないで送れるわけないだろ!!w

仁友堂はたくさんの医師がいるけれど、給料が払われているわけでもない。
ペニシリンは未だご厚意で支援されている。
治療費は医療具に変わり、そうなれば誰かがお金を工面しなければ、生活できないのだった。

『こんな中途半端な身の上で、
こんな中途半端な気持ちで何を言えばいいんだろう』

そしてその夜、医学界に圧力をかけられた福田が何かを持って鬼気迫るかんじでご献上の材料の前に立っていた・・・

「ずっと不思議に思っていたことがありんす・・・
何故、先生も咲様もかように親切にしてくださるのか・・・」

ドーナツを献上する二人を見送りながら、野風はとても不思議だった。

ドーナツは、宮様はあまり毒見をせずにもしゃもしゃ食べてられてしまった。

「表をあげよ」

頭を下げる仁に宮様は声をかけたが、言われたままに顔をあげてしまい、周囲を驚かせるw

『普通は表をあげてはなりませぬ!!』

顔をあげていいと言われても、本当はいけないらしかったのだw

宮様はおかしをもしゃもしゃ食べ、お茶を飲む。

倒れてしまった・・・!

毒が盛られていたらしい。

胃を洗浄することに。

しかし、相手は宮様。宮様を診る奥医師は胃の洗浄の方法を知らない。

仁は触ることも出来ないので、口頭で指示を、奥医師が実際の治療をする。
そうして宮様は助かったのですが・・・

奥医師も知らない治療法だったと、大奥の人は激しく不信感を抱く。
自分で毒を持って力を見せつけて出世をもくろんだのではないかと誤解されてしまった。

奥医師は、毒見役の人と大奥の人も吟味されるべきだと言った。

んが、仁と咲はそれぞれ投獄されてしまう。

「やはり来たな・・・新入り」

女性は一人牢なのですね。
しかし男はまとめて一緒に・・・。

「おまえら!命のツルは持ってきたか!」

どうやらお金を渡さないといけないらしい。
お金がなかった先生は裸に褌の格好のままぼこられてしまった。

大牢の中ではお金がないと生きていけないらしい・・・
そのことは仁友堂にも伝えられ、大騒ぎになる。

「ツルがあればま逃れるやもしれぬが・・・」

ツルとは賄賂のことだった・・・

「では、あちきはこれで・・・」

その話を聞いていた野風は、働き口なんてないだろうに、出て行った。
多分お金を稼ぎに行くんだろう・・・

福田は汗でびっしょりだった。
何か知っているんじゃないかと問い詰められる。

「医者だったら普通上がり屋に行かされるんだ
大牢に送られるってことは死んでくれってことだ」

『何もわからなかった。
誰が何のためにヒ素を塗ったんだろう
俺に罪をなすりつけるために?』

神が望んでいないことなら自分はここで死ぬんだろうと思った。
牢屋の中の人に、またお金を持ってくれば助かるぞと言われるが・・・

「わたしが持っている金は患者の払ってくれた命のツル、
あなたがたに払う金はありません」

咲は先生が未来に戻らずずっとここにいてほしい。
ずっと願っていたことだった。

「そんなわたしを憐れと思い、願いをお聞きとどけくださったのでしょうか
もう一度願いをお聞き届けください
今すぐに先生を未来へお戻しくださいませ!」

金は払えないと言った仁の口を押さえ、意識がもうろうとしてきたのか
牢屋の天井が現代のビルと電線がうっすらと見えていた──

このまま未来に帰ってしまったら、
咲がどうなったのかを見ることもできない。

医学館の陰謀かもしれない。そう訴えに行くが・・・

『医学館の陰謀なら、どうにもすることが出来ない。
この件のお調べは、医学館がすることになったのだ・・・!』

なんだか色々大変なことになったまま、次回!

テレビドラマ「JIN−仁−」

<スタッフ>
原作・脚本:村上もとか
脚本:森下佳子
プロデュース:石丸彰彦、中井芳彦
監督・演出:平川雄一朗
音楽:高見 優、長岡成貢

主題歌:平井堅「いとしき日々よ」(DefSTAR Records)

<キャスト>
南方仁:大沢たかお
橘咲:綾瀬はるか
野風・友永未来:中谷美紀 (特別出演)
坂本龍馬:内野聖陽
橘恭太郎:小出恵介
佐分利祐輔:桐谷健太
西郷隆盛:藤本隆宏
佐久間象山:市村正親
新門辰五郎:中村敦夫
東修介:佐藤隆太
中岡慎太郎:市川亀治郎
橘栄:麻生祐未
勝海舟:小日向文世

TBS開局60周年記念 日曜劇場「JIN -仁-」公式サイト

ドラマ「JIN-仁-」レジェンド第1夜・仁の章 → 感想はこちら
ドラマ「JIN-仁-」レジェンド第2夜・人の章 → 感想はこちら

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. ドラマ「JIN−仁−完結編」第5話
  2. ドラマ「JIN−仁−完結編」第3話
  3. ドラマ「JIN−仁−完結編」第4話
  4. ドラマ「サムライ・ハイスクール」第2~3話
  5. ドラマ「サムライ・ハイスクール」第4話
  6. ドラマ「JIN−仁−完結編」第6話
  7. ドラマ「JIN−仁−完結編」第1話
  8. ドラマ「サムライ・ハイスクール」第1話
  9. ドラマ「JIN−仁−完結編」第7話
  10. ドラマ「JIN−仁−完結編」第8話
  11. ドラマ「JIN−仁−完結編」第10話
  12. ドラマ「JIN−仁−完結編」第9話
  13. ドラマ「サムライ・ハイスクール」第8話
  14. ドラマ「サムライ・ハイスクール」第5~7話
  15. ドラマ「JIN-仁-」レジェンド第2夜・人の章
  16. ドラマ「JIN-仁-」レジェンド第1夜・仁の章
  17. 大河ドラマ「平清盛」第1回『ふたりの父』
  18. 大河ドラマ「平清盛」第2回『無頼の高平太』
  19. ドラマ「最後の約束」
  20. ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン2」第2話

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*