腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

アニメ「世界一初恋」第4話

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アニメ「世界一初恋」第4話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
アニメ「世界一初恋」第4話腐女子のオタク感想文+

アニメ「世界一初恋第4話『Adversity makes a man wise.』感想です。

『身体が疼く──
高野さんに触られたところが、じりじりと熱を持って・・・
──ダメだ、こんな状態でネームを読むなんて
一生懸命かいてくれた作家と作品に失礼だ──』

第4話『Adversity makes a man wise.』収録 DVD「世界一初恋」特装版 第2巻 詳細はこちら


深夜、高野の自宅で横澤と鉢合わせしてしまった律。平静を保とうとするが混乱と動揺で心が乱されていた。そんなある日、律が担当する作家の原稿が雑誌の入稿締切に間に合わないことが判明。「今回は落とせ」と告げる横澤。だけど、どうしても載せたいと食い下がる律に高野は…?
※あらすじは公式サイトから頂戴しました<(_ _)>

【感想】

※原作既読です。
※腐女子向けのボーイズラブ漫画が原作となっておりますので、アニメの視聴には十分に気をつけてください!(笑)

なんと先週のちゅーシーンからではないですか!!!!(興奮!)\(^ ^)/

初っ端からびっくりしたぞ!!!!(喜)

「やめてください!」

「なんでお前がここにいる」

高野がいないところでずばっと言います。そんな横澤が好き♪

「中途半端なことしてると切られるぞ。
その涙目止めろ・・・みっともない」

「小野寺、あとで電話する」

高野さんがそんなこと言ってますけど、自分の家にダッシュで帰宅。

何で横澤さんがこんな深夜に高野さんの家に来たんだろうとか、なんで名前で呼んでいるんだろうとか悶々とする律。

「襲いにきたって・・・
・・・・仕事しよう──」

いやー、普通の男性の会話は「襲いに来た」って言わないんじゃね?とかニヤニヤしながら見てた。
漫画で読んでいるのとはやはり映像があると印象違いますね~♪

『身体が疼く──
高野さんに触られたところが、じりじりと熱を持って・・・
──ダメだ、こんな状態でネームを読むなんて
一生懸命かいてくれた作家と作品に失礼だ──

集中しろ、自分!』

ピルルルピルルル

身体の火照りにハァハァしていると、約束通り高野さんから携帯に電話。
でも、その電話は無視した。

『俺は高野さんを二度と隙になることないんだ』

そして次の日。
武藤先生から電話。

「え!?アシスタントがインフルエンザで全滅!!?」

「おいおいおい!原稿はどうしたー!」

エメラルド編集部騒然!
そしてどこから聞きつけてきたのか横澤さんも登場!

「高野!今月の一押し作家が落ちるって聞いたけど本当か!?」

もし、その作家さんの原稿が落ちるなら、営業である横澤さんも対応しなければならない。

原稿を間に合わせようとギリギリに飛行機に乗り、機内でトーンを貼りながら編集部へ持っていくと武藤先生は言うが、飛行機は今カッターの持ち込みが出来ないのだった。

話ながら律は飛行機の時間を検索する。
自分が北海道に行き、原稿を回収しようとしていた。

「作家はどこに住んでるんだ」

「北海道」

「マジか、無理だろ、そりゃ。今回は落とせ」

「そうだな・・・」

高野さんも今回はさすがに無理だと判断し、代稿のリストを持ってくるように指示した。
でも、律は武藤先生も頑張っているからもうちょっと時間を欲しいと訴えた。
「頑張ってるんです、一生懸命やっているんですじゃダメ」なんですよね。
一生懸命やっても、一押し作家の原稿が落ちたらえらいこっちゃですもんね。

「真っ白とかトーンを貼ってないとか、そういう状態では雑誌には載せない」

たまーに、雑誌掲載分で真っ白の作家さんとかいますよね・・・
高野はそれが嫌な編集長なんですね。

愛は仕事も超えたのかw

「もしものときの責任は俺が取る早く行け!」

結局、律に北海道行きを許してしまった。

「中学生の部活じゃないんだ」と横澤に言われる。
高野もわかってるんでしょうが・・・ラブの前には勝てねーってか!!!!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

そして空港・北海道着。
完全防備した先生と初対面。

「すべての菌をシャットアウトしたくて・・・」

原稿はあと15枚。
出来あがっている分を先に貰い、律が写植を貼っていく。
先生はその場で原稿を始めた。

俺がスケジュール確認ができなかったのも悪かった、だから自分がどうにかしないと・・・と思ったようだった。

『編集が作家を守ってあげなくてどうするんだ』

でも、写植を貼りながら、原稿が落ちても自分では責任すら取ることが出来ない。
それをするのは高野さんの役目。
一つの作業が押せば全部が後ろへ押され、関係各所に迷惑がかかってしまう。

どうやら横澤さんへの対抗意識からだったようですが・・・

「高野さん、これ以上うちとしても待てません!」

印刷所がどうやら編集部に原稿を回収に来てしまったようだった。

「時間切れだ、落とせ」

「あと少しだけ・・・」

「すいません!戻りました!」

「遅い遅すぎる!!」

印刷所は悲鳴だったw
律は高野に写植等全部確認したことを伝えると、原稿は即効奪われていった。

高野さんと横澤に頭を下げる律。

「申し訳ありませんでした
今回の件は作家の確認が出来ていなかった自分のミスです」

「そういうことならこっちも仕事するか・・・」

取り次も帰ってるだろう高野に言われるが、横澤は携帯があるからと言って戻って行った

「プライド持ってやってんだよ」

カッコエェ!!(≧∇≦)

高野は申し訳なさそうな顔をしている律に入稿出来たんだからよかったんじゃないかと言う。

「みんな、顔面蒼白だったけど俺は大丈夫だと思ってたし。
絶対やるって言ったらお前、何がなんでも力技でやるだろ
昔からお前のそういうとこ、好きだったし──
ご苦労さん──」

た、高野さーーーーーーーーーーーん!
ラブが垂れ流しすぎます!! O(≧∇≦)O

律は個人的にちょっとウザイと思ってしまうんですが、高野さんはいいんだよね~(#^.^#)

そんな高野さんにときめいてしまう。

「オイオイオイオイしっかりしろよ俺!
少女漫画配属ってったって、乙女思考になってどーすんだ!!」

トイレで顔を洗っていて、思いだし萌え?をしていると、横澤とバッティングした。

「お前よくのこのこと丸川に入社してきたな
丸川に正宗がいること知って来たのか!?
お前のせいで正宗がおかしくなったこと知ってんのか!!」
うおーーーーー!愛されてますなぁ、高野さん!

『横澤さんは高野さんを名前で呼ぶ』

そして家が隣同士なので、一緒に電車で帰宅。

「無事終わってよかったな」

「色々すいませんでした」

電車内で高野さんから来月発売の色稿を渡される。
横澤さんと高野の関係がわからないけど、高野さんにも聞けないし聞くつもりもない。
でも、律は悶々としていた。

「おい、聞いてるのか小野寺──」

仕事の話をしていた高野さんの肩を枕にしてうたた寝・・・

チュンチュン

朝目覚めると真っ裸で隣に高野さんが寝ていたのだった・・・!

「なんであんたと俺が一緒に寝てんだ!」

隣に寝ている高野さんを揺さぶり起こす・・・

「人がわざわざおんぶして帰って寝かせてやったんだ!感謝しろ・・・!」

「一応確認しおきますけど万が一にも変なことしてないでしょうね!!?」

「変なことって何?」

(^u^)プププ

「したことにしとけば?俺のこと好きなら構わないだろ」

「はい!買いまあせん!」って言えばいいのになぁ~w

「今後このようなことがあっても放っておいてください!」

『落ち着け自分、ヤってるわけないだろう
これ以上あいつの挑発に乗っては・・・』

鍵とその他一式を忘れてきていた。

『そもそも好きになるわけがない!
これは恋じゃない恋じゃない恋じゃない恋のわけがない!!』

高野さんから鍵を奪い返して次回。

意外とアニメはゆっくりスピードですね。
まあ、コミックスも5巻までしか出てませんからね(^^;)

1巻の後半部分までを放送しました。

1巻の最後の部分は、高校生時代の高野さんと律の話で、初エッチの話なので多分テレビではやらないで2巻に突入するのかなーと思っています。
(つーか、放送無理だろみたいなwww)

1話を見たときは、なんか色々と個人的に不満満々でしたが(アニメの仕上がりではなく)、今は色々割り切って見ています。
アニメとしては純粋に面白いと思うんですね。
ただ、BLとしてちょっと物足りなかったわけなんですが・・・まあ、BLな部分をはっきり放送するわけもないですもんね(^^;)

その辺を腐女子として割り切って見れば面白いなと思います★

世界一初恋 特装版 第2巻 [DVD]<スタッフ>
原作:中村春菊世界一初恋」(角川書店 隔月刊「CIEL」連載/あすかコミックスCL・DX刊)
監督:今 千秋
シリーズ構成:中瀬理香
キャラクターデザイン:菊地洋子
色彩設計:松本真司
美術監督:清水順子
撮影監督:近藤慎与
編集:松村正宏
音響監督:郷田ほづみ
音楽:安瀬 聖
音響制作:ランティス
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:世界一くらぶ!!

オープニングテーマ:喜多修平「世界で一番恋してる
エンディングテーマ:ワカバ「明日、僕は君に会いに行く。

<キャスト>
小野寺律  :近藤隆
高野政宗  :小西克幸
吉野千秋  :立花慎之介
羽鳥芳雪  :中村悠一
横澤隆史  :堀内賢雄
柳瀬優   :神谷浩史
木佐翔太  :岡本信彦
美濃奏   :緑川光
井坂龍一郎:森川智之

アニメイトオンラインショップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. アニメ「世界一初恋」第1話
  2. アニメ「世界一初恋」第3話
  3. アニメ「世界一初恋」第5話
  4. TVアニメ「世界一初恋」公式サイトオープン
  5. アニメ「世界一初恋」第11話
  6. アニメ「世界一初恋」第6話
  7. アニメ「世界一初恋」第10話
  8. アニメ「世界一初恋」第2話
  9. アニメ「世界一初恋」第9話
  10. アニメ「世界一初恋」第8話
  11. アニメ「世界一初恋」第7話
  12. 中村春菊「世界一初恋」アニメ化企画進行中
  13. TVアニメ「世界一初恋」放送局情報公開・イベント決定!
  14. 中村春菊「世界一初恋」TVアニメ化、放送開始予定決定
  15. アニメ「STEINS;GATE」第1話
  16. アニメ「STEINS;GATE」第2話
  17. アニメ「純情ロマンチカ2」第8話~第9話
  18. アニメ「STEINS;GATE」第3話
  19. アニメ「STEINS;GATE」第6話
  20. アニメ「STEINS;GATE」第4話

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*