腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

ドラマ「JIN−仁−完結編」第7話

| 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドラマ「JIN−仁−完結編」第7話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ドラマ「JIN−仁−完結編」第7話腐女子のオタク感想文+

日曜劇場・ドラマ「JIN-仁-第7話『永遠の愛と別れ』感想です。

『この先、そう長くは生きられんせんけんど、この子は何十年も生きていけんしょう・・・。
この子が子を持てば、それこそ百年二百年、後の世までもあちきの血は流れ続けるでありんしょう・・・。
その営みの中であちきは永久に生き続け、その子の血となり肉となり目となり、見ることができんしょう・・・・・・』

JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]

【 あらすじ 】
永遠の愛と別れ
日曜劇場 JIN-仁- オリジナル・サウンドトラック~ファイナルセレクション~
江戸に戻った仁(大沢たかお)は、長崎でけんか別れになってしまった龍馬(内野聖陽)のことが心配でならない。そこに、幕府が謀反人として追う龍馬の動向を探るよう命じられた恭太郎(小出恵介)が、仁を訪ねてくる。そんな中、仁に手紙が2通届く。1通は龍馬からで、読んだ仁は龍馬に自分の気持ちが伝わらなかったと考え、落胆する。もう1通は野風(中谷美紀)とルロン(ジャンルイ・バージュ)の婚礼の知らせで、仁は咲(綾瀬はるか)と横浜に向かう。その婚礼前夜、野風は診察を頼みたい人がいると仁を別室に導く。
(※あらすじはYahoo!テレビから頂戴しました<(_ _)>)


【 感想 】

※原作コミック未読。
 ドラマは1期見ていますが、感想は総集編になっている「レジェンド」のみ書いたので、連続ドラマのほうは書いてません。
 (ちょうど感想書く時間がなかったときだったのです~もったいない!)

そして、仁は江戸へ戻る。

龍馬と喧嘩別れのようになってしまったので、心配していた。

そして、一橋慶喜が将軍となり、徳川慶喜が誕生。
徳川幕府最後の将軍・・・ということは、そろそろ龍馬は暗殺されるのでしょうか。

咲の兄・恭太郎が仁を訪ねてきた。
そのことを仁はあんまり深い意味に捉えなかったですが、さすが旗本の娘。
兄とはいえ、旗本で勤めている身分だから、あまり龍馬のことは言わないほうがいいとやんわり進言。

仁宛の手紙が2通届いた。
1通は龍馬からで、長崎で一緒に撮った写真と、その裏に短い文章が書かれていた。
唄のようだけど、とらえようによってはどうとも取れる。
龍馬とは意見が分かれてしまったと、仁は残念そうだった。

もう1通は野風からで、ルロンと正式に結婚出来ることになったので、式に咲と共に出て欲しいというものだった。

野風が住む横浜へ招待された仁と咲。
洋風建築と食べ物に当然ですが慣れない咲と、自然に身体に身についている仁。
・・・野風は、やはり仁と咲の話を聞いていて、ある程度察しているんですね・・・

野風がシャンパンを振る舞い、初めて飲んだ咲は酔っ払ってしまう。
野風は仁に屋敷の人で診て欲しい患者がいると呼び出すが、それは野風自身だった。

以前、仁によって手術をして貰った乳がん、それが再発してしまったのだった。
結婚式のあと、ルロンとフランスへ発つことにもなっている。
野風はルロンとの子供を妊娠していて、出産しても大丈夫なのかと心配して、ルロンに癌の再発のことは黙っていたのだった。

仁は、母体が癌でも子供には転移しないこと、出産にはリスクを伴うこと、転移性乳癌の生存率は2年で5割だということを告げた。

『2年しか生きられない』ではなく、『2年も生きられる』と解釈し、お腹の子を抱くことが出来ると喜ぶ。
自分はあと生きられるのは2年かもしれないけど、子供はそれよりもっと生きることが出来る。
子供の子供が生きて、その子の血となり肉となり目となり、後の世も見ることが出来る。

・・・やはり、仁が未来から来たことを知っていて、それで自分の子を残したいのですね。

仁は咲に野風が妊娠していることと、癌が再発していることを話した。
しかし、母体にリスクがかかってしまう。
咲は自然分娩以外に出産出来る方法はないのかと質問する。

「未来には子宮を切って取り出す帝王切開という方法もありますが、この時代の麻酔を使用してそれを行うと胎児は生きていられなくなってしまうんです」

咲は仁友堂で出産して貰ったらどうかと提案するが、仁は自分には出産の経験もないし、腕のいい産婆さんのところで出産するのがいいんじゃないかと言う。

「先生は恐れていらっしゃるのですか?
この出産を通して野風さんとその子どもに歴史の修正力なるものが働くことを・・・・・・」

「もし、野風さんの子どもを目の前で死なせてしまったりしたら・・・」

野風の結婚式当日。
この時代には珍しいウエディングドレスはやはりデザインがちょっと昔風ですね。

「野風さんはおそらく、ご存じなんです。
先生が未来から来たということも、先生の想い人が自分の子孫であるかもしれないということも・・・・・・。
だから、命を懸けても生みたいんです。
もちろん、お慕いするルロンさんのお子であるということもありましょう。
けれど、それだけではなく、後の世で先生の出会うべきお方を野風さんはもう一度作って差し上げようとしておられるのではないでしょうか・・・・・・。
かような夢を握り潰すほど天は無慈悲ではないと私は信じとうございます。
写真が亡くなってしまったのは未来さんが新しく生まれ変わるという天の声だと──」

野風のブーケトスを咲が受け取った。
咲は、仁が歴史の修正力が怖いというのなら、自分が野風の子供を取り上げる、そうすれば歴史の修正力は効かないのではないかと考えた。

ルロンには、以前、仁友堂で乳がんの手術をしたことがあるので、野風の身体が心配だから出産を仁友堂でして貰いたいと提案。癌のことは一切話すことはなかった。

んで、次回!

ドラマ「JIN-仁-」のコラボ商品『安道名津(あんどうなつ)』と『橘家のお弁当』を食べてみた。

流れに乗って食べてみましたよ♪
思ったよりも美味しかったです。

テレビドラマ「JIN-仁-」

<スタッフ>
原作・脚本:村上もとか
脚本:森下佳子
プロデュース:石丸彰彦、中井芳彦
監督・演出:平川雄一朗
音楽:高見 優、長岡成貢

主題歌:平井堅「いとしき日々よ」(DefSTAR Records)

<キャスト>
南方仁:大沢たかお
橘咲:綾瀬はるか
野風・友永未来:中谷美紀 (特別出演)
坂本龍馬:内野聖陽
橘恭太郎:小出恵介
佐分利祐輔:桐谷健太
西郷隆盛:藤本隆宏
佐久間象山:市村正親
新門辰五郎:中村敦夫
東修介:佐藤隆太
中岡慎太郎:市川亀治郎
橘栄:麻生祐未
勝海舟:小日向文世

TBS開局60周年記念 日曜劇場「JIN -仁-」公式サイト

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. ドラマ「JIN−仁−完結編」第5話
  2. ドラマ「JIN−仁−完結編」第8話
  3. ドラマ「JIN−仁−完結編」第3話
  4. ドラマ「JIN−仁−完結編」第9話
  5. ドラマ「JIN−仁−完結編」第10話
  6. ドラマ「JIN-仁-」レジェンド第2夜・人の章
  7. ドラマ「JIN−仁−完結編」第1話
  8. ドラマ「JIN-仁-」レジェンド第1夜・仁の章
  9. ドラマ「JIN−仁−完結編」第4話
  10. ドラマ「JIN−仁−完結編」第2話
  11. ドラマ「JIN−仁−完結編」第6話
  12. ドラマ「ラッキーセブン」第1話
  13. ドラマ「ヤングブラック・ジャック」
  14. 大河ドラマ「平清盛」第2回『無頼の高平太』
  15. 大河ドラマ「平清盛」第1回『ふたりの父』
  16. ドラマ「MW─ムー─」第0章
  17. ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン2」第3話
  18. ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン2」第2話
  19. ドラマ「ブラッディ・マンデイ シーズン2」第1話
  20. ドラマ「最後の約束」

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

One Comment

  1. Pingback: スポーツ瓦版

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*