腐女子のオタク感想文+

アニメや漫画、小説、ボーイズラブなど適当に語っているさくらのブログ

アニメ「STEINS;GATE」第15話

| 0 comments

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アニメ「STEINS;GATE」第15話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
アニメ「STEINS;GATE」第15話腐女子のオタク感想文+

アニメ「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)第15話『亡環上のネクローシス』感想です。

「くだらなくなんかない!!
世界に自由を取り戻そうとする、勇敢で立派な志だよ!」

STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray]

第15話『亡環上のネクローシス』収録 Blu-ray「STEINS;GATE」Vol.6【初回限定版】



アニメイトオンラインショップ

【 感想 】

※一切の知識がなく、アニメを見ています。用語とか間違ってたらすいません。
特にカタカナ用語・・・orz 耳で聴いているんで聴きとりミスがあると思います。

「あたしは2036年から来たんだ・・・
あたしがタイムトラベラー、ジョン・タイターだよ」

ここでOP!
やっぱりお前がジョン・タイターか!と思ったw

「2036年、世界はSERNに支配されていた
そこは徹底した管理社会・・・ディストピア──
人々は自由を奪われ、死んだように暮らしている
逆らうものは皆、殺される・・・・・・
あたしはそんなSERNの支配から人々を解放するレジスタンスの一員だった

この死んだような世界を変えるため、あたしは父さんの残してくれたタイムマシンに乗り込んだ」

父さんの手掛かりのピンバッチを握りしめて、タイムマシンは過去へと跳びたった

「未来を変えるために・・・・・・」

@ちゃんねるでジョン・タイターとして書きこんだ鈴羽の言っていることはほとんどが真実だった。
SERNは研究機関なので、権力を持つ統治機関ではないと言い、ネット上でジョン・タイターに訴えてきたんだと主張する紅莉栖・・・
どうやら、@ちゃんねるに書きこんでいたのは岡部だけではないようで、紅莉栖もその一人だった(笑)

タイターの中の人が名乗ったんだから、自分も名乗らないとフェアじゃない・・・とか言いながら、紅莉栖は非常に恥ずかしそうです。
なんという狭い世界www

SERNはタイムマシンを完成させたことで、時間という4つ目の次元に干渉出来る力を得たことで、世の中の秩序を塗り替えてしまった。
牧瀬紅莉栖は、未来ではタイムマシン開発に最も協力した人「タイムマシンの母」として、崇められる存在となっていた。

だから、鈴羽は初対面のはずの紅莉栖を敵視したんですね~。

未来では、紅莉栖をはSERN側についているってことでしょうかね。
岡部は自分が未来で何をしているのか気になった。

「岡部倫太郎はテロリストとして有名。
SERNにたてついたテロリスト、そして君たちは・・・・・・
──二人とも2036年には死亡している」

それだけ伝えてタイムマシンに乗り込もうとした鈴羽に、こんなとんでもないことだけ伝えて未来に帰るのかという岡部。
鈴羽は未来へ帰るのではなく、そんな未来を変えるために1975年に跳ぼうとしていたのだった。

SERNがタイムマシン開発に成功したのは2010年、秋葉原で作られたタイムマシン・電話レンジがあったから。
SERNは通信傍受システムを使って、世界中のタイムマシンに関する情報を集めていて、それがたまたま傍受した岡部たちの作った電話レンジの情報を拾ってしまったのだ。

初めて送ったDメールがそれにひっかかった可能性が高いので、SERNのデータベースに残っているそのDメールを消せば、未来は変わる。

「SERNがタイムマシン開発に成功しなければβ世界戦へ行くことが出来る」

「そうすればまゆりも助かるのか!?」

だったらすぐにでもSERNのデータベースにハッキングをかけて消そうと岡部は考えたけど、それをやるにはやはりIBN5100が必要になってくる。
そして、それは今はない。

鈴羽の使命は、1975年に行きIBN5100を手に入れて、岡部倫太郎に託すことだった。

でも、父親を探そうとして今の時代に長くいすぎてしまった。
もっと早く行くべきだったと、鈴羽はタイムマシンを操作し始めた。

んが!!!
タイムマシンから異音が・・・

タイムマシンは壊れていた。

そして、見回りの人がやってきた。

とりあえず、今は逃げることに。

「逃げるわよ!!
未来じゃどうだったか知らないけど、今のわたしはあなたと同じ、ラボメンなのよ!!」

紅莉栖が鈴羽の手を取り、みんなで無事脱出成功。

タイムマシンは、あの場所に着いたせいで壊れたのではないかという紅莉栖に、鈴羽が座標計算が失敗しただけで、着いたときはタイムマシンは壊れていなかったと言った。
どうやらこの前の雷雨での落雷か浸水が原因のようだった。

タイムリープマシンでは最大48時間が限界。
高架下で悩んでいると、まゆりとダルに遭遇した。

まゆりはどうしても完成記念パーティーがしたくて、ダルと一緒に買い物に行っていたようです。
パーティーは後日だと、またまゆりを説得して戻ってもらうことにした。

「電車止まってるって」

通行人の声が聞こえて、携帯の時計を見ると『18:49』だった。

ダルと一緒に手を振るまゆり・・・
またあのループに巻き込まれてしまうんでしょうか(>_<)

「タイムマシンを修理するしかない・・・」

ラボに戻り、タイムリープマシンの前へ。

「まず、今から五時間前、
つまりタイムリープマシンが完成した時間まで跳ぶ。
そこから改めて48時間、11日の14時に跳ぶ」

「それが今のあたしたちに使える最大の時間ってわけだね」

「その二日で何としてでもタイムマシンを修理する
出来なければ何度でもその二日をやり直す・・・・・・
これは、世界を救うためではない、まゆりを救うためのミッションだ・・・」
バチバチ

岡部はヘッドギアを装着して、11日の14時に戻った。

「至急、ラボメンに召集をかけてくれ、聞いてもらいたいことがある・・・・・・」

そして、みんなでタイムマシンの前へ。
ダルが内部に入り、岡部が直せるかと聞く。
鈴羽は作ったのは父親で、自分は全然わからないと言った。

「とにかく、二日でなんとかしてくれ、ダル!お前だけが頼りだ!」

「なんで二日なん?」

「・・・とにかく二日だ!
もし二日でなんとかしてくれたら、なんでも言うことを聞いてやる!!」

フェイリスと一日デートがしたいというダルに、何とかするから信じろと言う岡部。
紅莉栖も手伝おうとするが、タイムリープマシンを完成させて貰わなくてはならなかった。

まゆりは、鈴羽の父親探しが気になっていた。
使命もあるけど、お父さんに会いたかったのではないかと言いだした。

それを聞いた岡部は、鈴羽の父親を探すことにした。
父親はコードネームの「バレル・タイター」という名前と、肩身のピンバッチしかなかった。

ここでCM。
今のところ、まゆりのあのループがなくて安心しています(^^;)

ダルは、タイムマシンの中身を見て、電話レンジと構造が似ているから直せるかもしれないと言った。

「父さんはSERNとは別にタイムマシンの研究をしてたの。
未来を変えるために・・・
あたしは、その意志を継いでここにいる」

1975年から戻ってくるまでに鈴羽の父親を探しておくからと言ったが、それを聞いた鈴羽の瞳から涙が出ていた。

ラボに鈴羽がやってきた。
ニキシー管を岡部に渡そうとしていたのだった。

数字が1%でも超えていれば未来が変わる。
でもそれを認識出来るのは、リーディングシュタイナーの能力がある岡部だけだった。

未来の岡部は、レジスタンスの設立メンバーだったので、鈴羽は未来の岡部に一度も会ったことがなかった。

「レジスタンスの設立・・・くだらない・・・
まゆりを助けることも出来ず、のうのうと生き続けた挙句、
そんな厨二病みたいな真似を・・・!!」

「くだらなくなんかない!!
世界に自由を取り戻そうとする、勇敢で立派な志だよ!」

ピンバッチを持って、鈴羽と父親の手掛かりを探す岡部だったけど、まったく見当もつかなかった。
露天商も、ピンバッチを見たことがないと言った。

「やっぱりさ、父さんとは会えない運命なんだよ、もう終わりにしない?」

「諦めるのか!
まだあと一日残っているんだぞ!!」

本当はまゆりを助けるために何かをしたい、でも鈴羽は大事なラボメンで、そのラボメンが困っているんだから、助けたい。
二人で熱くなっていると、まゆりは手書きのちらしを作って配っていた。
しかし、内容が誘拐事件となっていて・・・危ない内容だったから、慌てて逃げたのだった(笑)。

ダルは明日にはタイムマシンが直るようだと言った。

「ダル君と鈴さんって結構お似合いだね~」

「あのさ、今言わないと機会を永遠に逃しちゃいそうだから言うけど、あたしさ、君たちには本当、感謝してるんだ。
初めてこの時代に来たとき、知っている人は誰もいなくて、この時代のほうがこの時代のほうがすごく平和なのにさ、なんだかあたしにとってはすごく怖かった。
でも今はこうしてたくさんの仲間が出来て、この時代に来ることが出来て、君たちと同じ時間を過ごせて、あたし、本当に楽しかった。
ほんのちょっとでもラボメンの一員になれてよかった・・・
君たちと一緒にいられて・・・よかった・・・・・・
岡部倫太郎、きっと未来を変えてね、今みたいに自由な世界に、変えて・・・!!」
ブーブーブーブー

岡部の携帯が鳴った。
ピンバッチを見せたあの露天商からの電話だった。

鈴羽の父親がわかったかもしれないところで、次回!!

次回、第16話『不可逆のネクローシス』予告

タイムスリップ(?)ものならではの面白さがたまりません~!!(#^.^#)
この展開だと、鈴羽の父親の予想はつきやすいですね~。

リアルで見ていたんですが、感想となると何故か時間がかかってしまいます~(^^;)
実は既に16話も見てしまっているので、とっとと書きたいと思います!!

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]TVアニメ「STEINS;GATE」

<スタッフ> 
原作:5pb.×Nitroplus
監督:佐藤卓哉/浜崎博嗣
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:未来ガジェット研究所

オープニングテーマ:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
エンディングテーマ:ファンタズム(榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」(ときつかさどるじゅうにのめいやく)

<キャスト>
岡部倫太郎:宮野真守
牧瀬紅莉栖:今井麻美
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
阿万音鈴羽:田村ゆかり
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
漆原るか:小林ゆう
桐生萌郁:後藤沙緒里

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連しているかもしれない記事

  1. アニメ「STEINS;GATE」第7話
  2. アニメ「STEINS;GATE」第8話
  3. アニメ「STEINS;GATE」第12話
  4. アニメ「STEINS;GATE」第6話
  5. アニメ「STEINS;GATE」第11話
  6. アニメ「STEINS;GATE」第9話
  7. アニメ「STEINS;GATE」第14話
  8. アニメ「STEINS;GATE」第10話
  9. アニメ「STEINS;GATE」第2話
  10. アニメ「STEINS;GATE」第16話
  11. アニメ「STEINS;GATE」第1話
  12. アニメ「STEINS;GATE」第3話
  13. アニメ「STEINS;GATE」第4話
  14. アニメ「STEINS;GATE」第5話
  15. アニメ「STEINS;GATE」第13話
  16. アニメ「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」劇場版決定!
  17. TVアニメ「STEINS;GATE」放送局決定
  18. 『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』iPhone/iPod touch/iPad 8/25(木)配信決定
  19. アニメ「DEATH NOTE(デスノート)」第15話『賭け』
  20. 2011年4月アクセス解析結果

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*


*